心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

「目は口ほどにものをいう」というのは正しいのか?

「目は口ほどにものをいう」という言葉のとおり、人の印象は目で決まるといってもいいくらいだ。

目を見ることで相手の気持ちや感情、隠し事の有無などいろいろなことがわかるので、ある意味一番正直な部分ともいえる。

スポンサーリンク

  関連記事

早口な人が気を付けておくべきこととは?

話したいこと、つまり会話のネタがたくさんあるのはいいことだが、相手が話す機会を与えないマシンガントークを繰り広げる人はどこにでもいる。

このタイプの人は、周りからは頭の回転が速いとか、仕事をこなせるといった部分でデキる人と見られていることが多い。

反対意見ばかり言う人は何を考えている?

会議や友達との会話の時に、自分の意見は言わないのに、人の発言にはあれこれ口を出す人がいる。

このタイプは、人前で恥をかきたくないという自尊心の強い人に見られるのだが、人に対しては口を出し、優位に立とうとするため、つい批判的になりやすい。

酔ったときに目がすわる人は、心に不満を抱えている!?

お酒が入ると、人は普段よりも警戒心がやわらいでくる。

酔ってくると次第に目がすわってくる人がいるが、このような人は、じつは欲求不満がたまっているとみていい。

日頃言いたいことがたくさんあるのに、周囲に気を遣ったり、気が弱いなどの理由で、なかなか思ったことを口にすることができないのだ。

「内心慌てているから、のんびり話す」のワケ

会話の最中に、相手が急にゆっくりとした口調で話を始めたら、それは内心がかなり慌てているサインだろう。

突然ゆっくりとした口調になって、相手が落ち着いてリラックスして話をしたのかと思うかもしれないが、急に話のペースを変えるというのは、じつは時間稼ぎをしている場合があるのだ。

あくびをしているからと言って、気が緩んでいるとは限らない?

あくびをしている人を見たときに、なぜか自分もつられてあくびをしたことはあるだろうか。

特に眠いわけでもなく、かといって退屈なわけでもない。

あくびをしているのを他人に目撃されると、何とも決まりの悪い思いをするだろう。

話しているとき声が急に高くなるのはどういうサイン?

誰でも、平常心でいるときは同じ調子で話をするだろう。

しかし、話していて急に声のトーンが上がるときがある。

もしそんなことがあれば、それは緊張しているサインだろう。

言い訳が多い人は、なぜうまくいかないのか

人は誰でも失敗をする。

言い換えれば、失敗をしない人なんていないのだ。

だが、失敗の度に言い訳をする人には注意をしたほうがいい。

何度も物忘れをしてしまう原因とは?

「ついさっきのことなのに忘れてしまった」「さっきまで覚えていたのに…」なんて経験は誰でもあるだろう。

この物忘れによる失敗は、一度や二度ならまだいいが、何度もしてしまうと良くない。

周りからの信用を無くすかもしれないのだ。

笑ったときに目と口が同時に動いていたら、実は笑ってないかも!?

特に親しくなくても、異性にニッコリと微笑まれるとつい一目惚れしてしまった経験はあるだろうか。

男性でも女性でも、笑顔が素敵な人はそれだけで好印象だ。

しかし、その笑顔に騙されて、泣きを見ることもある。

天使のような笑顔だと思ったら、じつは愛想笑いだったということも少なくない。

唇を噛む行為は、ストレスがたまっているサイン

誰もやりたがらない仕事を頼まれたときに、無意識のうちに唇を噛むことがある。

じつは、それはストレスを感じている証拠なのだ。

人はストレスを感じると、無意識のうちに上下の唇を押し付けて唇を隠すような行為をする。


スポンサーリンク

大きさや形などは関係なく、目の表情を見ることで「優しそう」「冷たそう」といったことを思い浮かべるかもしれないが、その印象と実際のその人の性格はだいたい一致している。

このように、いろいろな表情を読み取ることができる「目」だからこそ、会話の時には相手の目を見て話し、様子をうかがうことができるわけだ。

たとえば、相手が興味のある話題になると、目がパッと開き、同時に顔の表情も嬉しそうな雰囲気になるだろう。

つまらない話に目を輝かせて話を聞く人なんていないからだ。

人は、気持ちが高揚すると瞳孔が通常より大きくなるので、相手の目を見ているとそういったことにも気づくことができるので、もし相手の目や表情に変化がなければ話題を変えると言った臨機応変な対応ができるだろう。

誰だって、自分の話を興味津々に聞いてもらえると気持ちがいいだろうけど、やたら視線を外されたりしていたら、残念だがその話には興味がないのかもしれない。

スポンサーリンク

 - 話し方と表情