心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

うなずくタイミングが微妙にずれていたら、それは何かのサイン?

会話は、話し手と聞き手の意思疎通、つまり「言葉のキャッチボール」によって成り立っている。

聞き手は言葉を発していなくても、話し手の話にうなずいたり、身振り手振りをすることで相手に自分のメッセージを伝えている。

また、話の途中で何度もうなずく人がいるが、それは相手の話に興味を持っているサインだ。

スポンサーリンク

  関連記事

自分の話にヒートアップしてしまう原因とは?

誰かと話をしているとき、ついつい夢中になってしまって、相手のことを忘れて自分の話ばかりしてしまった経験はあるだろうか。

話をする方は楽しいかもしれないが、聞いている側からすれば相槌を打つのが大変だし、ましてや自慢話やどうでもいい話となると、たまったものではないだろう。

そんなおしゃべり好きな人に注意しておいてほしいことがある。

唾を飛ばしながら話す人には気を付けよう

話をしていてると、どんどんヒートアップして激論を繰り広げたことはないだろうか。

しかし、唾を飛ばしながらやり合うのはあまりいいとは言えない。

このタイプの人は周りが見えてないので、迷惑をかけているなどといった自覚はなく、お構いなしに自分の意見を主張するだろう。

横目で見てくる人が伝えたいメッセージとは?

自分が好みのタイプの女性から横目でチラチラと見られたら、男としてはドキドキしてしまうものだ。

「もしかして…」などとつい妄想して胸がときめくだろう。

相手をじっと見つめる人は何を考えている?

子供のころに、「話をするときは相手の目を見なさい」と先生や親にしつけられただろう。

たしかに、話をしているときに目線が合わないとどこか不自然だし、あまり印象は良くない。

だが、じっと凝視されるのも気分がいいものではないだろう。

有名人の知り合いがいることを自慢する人の心理は?

あなたの周りに「芸能人の○○と知り合いだ」とか「スポーツ選手の××と同じ出身校だ」などと自慢する人はいないだろうか。

このように自慢をするのは、高い評価を受けている人の栄光を利用して、間接的に自分の評価を高めようとしているのだ。

「内心慌てているから、のんびり話す」のワケ

会話の最中に、相手が急にゆっくりとした口調で話を始めたら、それは内心がかなり慌てているサインだろう。

突然ゆっくりとした口調になって、相手が落ち着いてリラックスして話をしたのかと思うかもしれないが、急に話のペースを変えるというのは、じつは時間稼ぎをしている場合があるのだ。

酔ったときに目がすわる人は、心に不満を抱えている!?

お酒が入ると、人は普段よりも警戒心がやわらいでくる。

酔ってくると次第に目がすわってくる人がいるが、このような人は、じつは欲求不満がたまっているとみていい。

日頃言いたいことがたくさんあるのに、周囲に気を遣ったり、気が弱いなどの理由で、なかなか思ったことを口にすることができないのだ。

笑ったときに目と口が同時に動いていたら、実は笑ってないかも!?

特に親しくなくても、異性にニッコリと微笑まれるとつい一目惚れしてしまった経験はあるだろうか。

男性でも女性でも、笑顔が素敵な人はそれだけで好印象だ。

しかし、その笑顔に騙されて、泣きを見ることもある。

天使のような笑顔だと思ったら、じつは愛想笑いだったということも少なくない。

ひとりごとをよく言う人は、自己防衛本能が働いている!?

無意識のうちにひとり言を呟いている人がいる。

あくまでひとり言なので、誰かに話しかけているわけではないが、自分の思っていることや考え事などを、ついつい口に出してしまうのだ。

では、なぜひとり言を言ってしまうのだろうか。

話しているとき声が急に高くなるのはどういうサイン?

誰でも、平常心でいるときは同じ調子で話をするだろう。

しかし、話していて急に声のトーンが上がるときがある。

もしそんなことがあれば、それは緊張しているサインだろう。


スポンサーリンク

しかし、うなずくタイミングが微妙にずれていたら、それは内容に興味がなかったり、否定的な意見を持っているのかもしれない。

これは、首を左右に動かしたり、傾けたりといったしぐさでも同様だ。

どちらの場合も、相手の意見に肯定的でなかったり、疑問を抱いているといった気持ちの表れなのだ。

素早く動かしていたら、それは反対意見を言いたいと思っているにちがいない。

そんなときは、いったん話を止めて、相手の意見を聞いてあげるといいだろう。

そうすることで、聞き手の意見をうかがうことができ、話が円滑に進むからだ。

また、あまりにも相手がうなずくことが多い場合は、相手の話に興味を持っていないか、自分が話をしたいといった場合があるので、相手の反応を見逃さないようにしておくと話の方向性も自然と定まるのだろう。

スポンサーリンク

 - 話し方と表情