笑ったときに目と口が同時に動いていたら、実は笑ってないかも!?

接客業でよくある「営業スマイル」というものと似ているだろう。

相手の笑顔だけに騙されてしまわないように、次のことを覚えておくといい。

それは、笑ったときに目と口が同時に動いていたら、それは本心からの笑顔ではない場合が多いからだ。

本当に楽しいときは、口元に微笑みを浮かべてから、目の表情が崩れるのだが、それが同時に動くということは、意図的に笑顔を作っているということだ。

つまり、表面だけの作り笑いである。

これはビジネスのシーンでも同様で、いくら営業マンが笑顔で話しているからといっても作り笑いでは何の意味もない。

笑顔にまどわされず、きちんと相手の話を聞くことも忘れないでおこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク