心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

口を閉じたまま笑顔を見せる人には要注意!?

人は誰でも、ムスッとした顔をされるよりも、笑顔を見せられたほうが気持ちがいいのは言うまでもない。

スーパーや飲食店などで見ず知らずの人と接するときも同様である。

しかし、この笑顔というものにはいろいろある。

スポンサーリンク

  関連記事

冗談を冗談として受け止めない人は、何かを隠している!?

話をしているときに、相手の態度が気になったことがあるだろう。

友人同士の会話や商談などで、「本音と建て前」や「お世辞」で話をしすぎると、そうなってしまうのかもしれない。

人は誰でもウソをついてしまうものだが、ウソをついたときは、それがばれないように身構える。

酔ったときに目がすわる人は、心に不満を抱えている!?

お酒が入ると、人は普段よりも警戒心がやわらいでくる。

酔ってくると次第に目がすわってくる人がいるが、このような人は、じつは欲求不満がたまっているとみていい。

日頃言いたいことがたくさんあるのに、周囲に気を遣ったり、気が弱いなどの理由で、なかなか思ったことを口にすることができないのだ。

ヒソヒソ声で話をする人はストレスを抱えやすい?

話をしているとき、特に他人に聞かれたくない話をしているわけでもないのに、声をひそめてヒソヒソ声で話をする人がいる。

このような人は、自分にも他人にも厳しいタイプの人で、「じぶんはこうでないといけない」という感じで理想が高い人に多くみられる。

うなずくタイミングが微妙にずれていたら、それは何かのサイン?

会話は、話し手と聞き手の意思疎通、つまり「言葉のキャッチボール」によって成り立っている。

聞き手は言葉を発していなくても、話し手の話にうなずいたり、身振り手振りをすることで相手に自分のメッセージを伝えている。

また、話の途中で何度もうなずく人がいるが、それは相手の話に興味を持っているサインだ。

唾を飛ばしながら話す人には気を付けよう

話をしていてると、どんどんヒートアップして激論を繰り広げたことはないだろうか。

しかし、唾を飛ばしながらやり合うのはあまりいいとは言えない。

このタイプの人は周りが見えてないので、迷惑をかけているなどといった自覚はなく、お構いなしに自分の意見を主張するだろう。

目を細めたら、それは不快感を感じているサイン?

太陽の光や蛍光灯など、まぶしいと感じたときに反射的に目を細めてしまうのは自然な反応だが、人はまぶしくないときにも目を細めることがある。

遠くを見るときに目を細めたり、不快感や嫌悪感を感じたときにも目を細めるのだ。

話を始めると止まらない人は、何を考えている!?

夫が仕事を終えて帰宅すると、「おかえりなさい」と出迎える。

男性としては憧れのシチュエーションだろう。

しかし、出迎えると同時に妻が一方的に自分の話をし始めて止まらないということがある。

有名人の知り合いがいることを自慢する人の心理は?

あなたの周りに「芸能人の○○と知り合いだ」とか「スポーツ選手の××と同じ出身校だ」などと自慢する人はいないだろうか。

このように自慢をするのは、高い評価を受けている人の栄光を利用して、間接的に自分の評価を高めようとしているのだ。

あくびをしているからと言って、気が緩んでいるとは限らない?

あくびをしている人を見たときに、なぜか自分もつられてあくびをしたことはあるだろうか。

特に眠いわけでもなく、かといって退屈なわけでもない。

あくびをしているのを他人に目撃されると、何とも決まりの悪い思いをするだろう。

話す時に相手が目をこすっていたら、何か隠し事をしている!?

ウソは、つくほうもつかれるほうもつらい。

しかし、ときにはウソも必要なのである。

とくに、大人になればなるほど、社交辞令やお世辞といった場面もある意味ウソが紛れているのかもしれない。


スポンサーリンク

仲のいい友達同士でいるときなど、心の底から笑っているときもあれば、上司との会話で、本心を悟られまいととりあえず愛想笑いをしたりすることがある。

そしてその例が、口を閉じたまま笑う人だ。

これは、言いたくないことがあったり、本心を隠したいといった気持ちの表れでもある。

とくに女性の場合は、あまり好きではない人を前にしたときや、興味のない話題になったときにこの笑顔をすることが多い。

いくら表面上は愛想よく微笑んでいるように見えても、内心は「あの人なんなの!」と心の中で思っているのである。

もし相手が口を開けずに笑っていたら、何かを隠している可能性があるので注意したほうがいい。

逆に、相手を信用させたいのであれば、口を開けて歯を見せるようにして笑うといいだろう。

口を閉じて笑うか、開けて笑うかということだけで、相手に伝わる印象はずいぶんと変わるはずだ。

スポンサーリンク

 - 話し方と表情