視線を右上にそらしたら、それはウソをついているサイン!?

たしかに、ウソをつくと目が泳ぐといわれるが、それは視線が定まってないという意味でもある。

焦っているときやウソをついているときにそうなることが多いのだが、視線が右上を向いていたら、よりウソをついている可能性があるとみていいだろう。

このことは科学的に説明ができるのだ。

人間の脳は大きく分けて、想像力や直観などが支配し、表現する力を出す右脳と、言語や記憶を支配し、思考力や記憶力を発揮させる左脳からできている。

そして、そこに神経が通っており、右脳は左半身、左脳は右半身を制御している。

つまり、左脳が活発なら右半身が活動し、それで視線も右に動きやすくなるというわけだ。

人はウソをつくと、それをごまかすために必死に違うことを考えるので、左脳が働く。

つまり右半身が活動的になり、それに連動して視線も右上のほうに向いてしまうのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク