心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

お店の人を大声で呼ぶ人の心理とは?

ランチタイムや夕食時にファミリーレストランに行ったことはあるだろうか。

店内を見てみると、多くの人で混雑している割に、店員の数が足りないといったことがよくある。

そんなとき、早く注文したいのに店員が近くに見当たらないと、大きな声で「すみませーん!」と店員を呼ぶ客がいるはずだ。

たしかによく聞こえるが、周囲の人はあまりいい気分ではないだろう。

スポンサーリンク

  関連記事

あくびをしているからと言って、気が緩んでいるとは限らない?

あくびをしている人を見たときに、なぜか自分もつられてあくびをしたことはあるだろうか。

特に眠いわけでもなく、かといって退屈なわけでもない。

あくびをしているのを他人に目撃されると、何とも決まりの悪い思いをするだろう。

自分の話にヒートアップしてしまう原因とは?

誰かと話をしているとき、ついつい夢中になってしまって、相手のことを忘れて自分の話ばかりしてしまった経験はあるだろうか。

話をする方は楽しいかもしれないが、聞いている側からすれば相槌を打つのが大変だし、ましてや自慢話やどうでもいい話となると、たまったものではないだろう。

そんなおしゃべり好きな人に注意しておいてほしいことがある。

話を始めると止まらない人は、何を考えている!?

夫が仕事を終えて帰宅すると、「おかえりなさい」と出迎える。

男性としては憧れのシチュエーションだろう。

しかし、出迎えると同時に妻が一方的に自分の話をし始めて止まらないということがある。

横目で見てくる人が伝えたいメッセージとは?

自分が好みのタイプの女性から横目でチラチラと見られたら、男としてはドキドキしてしまうものだ。

「もしかして…」などとつい妄想して胸がときめくだろう。

笑ったときに目と口が同時に動いていたら、実は笑ってないかも!?

特に親しくなくても、異性にニッコリと微笑まれるとつい一目惚れしてしまった経験はあるだろうか。

男性でも女性でも、笑顔が素敵な人はそれだけで好印象だ。

しかし、その笑顔に騙されて、泣きを見ることもある。

天使のような笑顔だと思ったら、じつは愛想笑いだったということも少なくない。

話しているとき声が急に高くなるのはどういうサイン?

誰でも、平常心でいるときは同じ調子で話をするだろう。

しかし、話していて急に声のトーンが上がるときがある。

もしそんなことがあれば、それは緊張しているサインだろう。

大口を開けて笑う人は、意外と気が小さい?

小さく「クスッ」と笑ったり、「フン!」と鼻で笑ったり、ニヤっとしたり、笑い方は人それぞれである。

だが、その人の心の状態によって笑い方もかわってくるのだ。

では、大口を開けて豪快に笑う人はどうだろうか。

酔ったときに目がすわる人は、心に不満を抱えている!?

お酒が入ると、人は普段よりも警戒心がやわらいでくる。

酔ってくると次第に目がすわってくる人がいるが、このような人は、じつは欲求不満がたまっているとみていい。

日頃言いたいことがたくさんあるのに、周囲に気を遣ったり、気が弱いなどの理由で、なかなか思ったことを口にすることができないのだ。

話す時に相手が目をこすっていたら、何か隠し事をしている!?

ウソは、つくほうもつかれるほうもつらい。

しかし、ときにはウソも必要なのである。

とくに、大人になればなるほど、社交辞令やお世辞といった場面もある意味ウソが紛れているのかもしれない。

早口な人が気を付けておくべきこととは?

話したいこと、つまり会話のネタがたくさんあるのはいいことだが、相手が話す機会を与えないマシンガントークを繰り広げる人はどこにでもいる。

このタイプの人は、周りからは頭の回転が速いとか、仕事をこなせるといった部分でデキる人と見られていることが多い。


スポンサーリンク

もしそれがデート中で彼氏が大声を出したならば、彼女はびっくりして眉をひそめたくなるだろう。

このようなタイプの人は、自己顕示欲が強い人だと言える。

じつは、この行動には不安な心の気持ちが表れており、自分が無視されているのでは、といった思い込みから過剰なくらいの大声を出すのだ。

もちろん、これはファミリーレストランに限らず、職場でも部下を呼ぶときに大声を出す上司もいる。

そういう人に限って意外と気が小さく、それを知られたくなくて威張り散らしているのだ。

このことを知っていれば、相手に対して必要以上に恐れる必要はないだろう。

スポンサーリンク

 - 話し方と表情