電車で足を大きく広げて座る人は何を考えている?

それも、貧乏ゆすりなどと同じように、本人も無意識のうちにしていることもあるので、潜在意識として心の中にそういう願望が隠れているのだ。

なぜ縄張り意識を強く持つのかというと、自分の場所に入ってこられないという思いが強いからだ。

決して本人は強いわけではないのだが、だからこそ足を広げて縄張り意識を持たずにはいられないのだ。

もし電車で足を広げた人が隣にいても、「足を閉じてください」と言うのは少し待ったほうがいい。

言ってしまうと、たとえそれが正しいことであっても相手に逆切れされる可能性もあるので、言いたくなる気持ちを抑えたほうが後々面倒なことにならずに済むだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク