時計を確認する癖がある人と話すときの注意点

また、話がつまらなかったり、早くその場から離れたいときにも同様のことをするだろう。

しかし、特に時間に追われているわけでもないのに、時計を見るのが癖になっている人がいる。

誰かと話しているとき以外にも、食事中や仕事中も常に時計を近くにおいて時間を気にしている人もいる。

これほど頻繁に時計を見る人は、仕事が忙しいなどで時間に余裕がない人に多いが、実際は野心家であったり、上昇志向が強い人に多いのだ。

このようなタイプの人は、常に時間に追われている状態といっても過言ではなく、それがストレスとなって、ちょっとしたことで怒ったりすることがある。

もしこのような人と待ち合わせや商談などをするときは、遅刻をしないのは言うまでもないが、早めに行動したり、用件は短時間で済ませてあげると、お互いストレスをためることなく気持ちよく過ごせるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク