心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

ポケットに手を突っ込んで歩く人の心理とは?

子供のころ、親や先生に「ポケットに手を突っ込んで歩いてはいけない」と怒られた人は多いだろう。

転んだときに危ないとか、みっともないといった理由が多いが、この癖が大人になっても直らない人が多い。

スポンサーリンク

  関連記事

トイレの個室の選び方で人の性格がわかる!?

駅やデパートなどのトイレに入ったとき、個室がどこも空いていたら、あなたはどこに入るだろうか。

その時の状況次第かもしれないが、こういうときにどの個室に入りたがるかによって、その人の性格がわかるのである。

立ちながら足をクロスさせる人の心理は?

バス停や駅のホームなどで、携帯電話をいじりながら両足をクロスさせて立っている人がいる。

そこに知らない人がバスや電車に乗るために近づいてくると、その人は何に気付いたかのようにクロスさせていた足を戻すことがある。

院長や社長などが後ろに手をまわして歩くときと同様に、警戒心がない状況なのだ。

お店で中央の席を陣取るのはどんな人?

待ち合わせの時間より早めについてしまったときに、先に1人でカフェに入ってお茶を飲みながら待ったことはあるだろうか。

席は空いていて、店員から「お好きな席にどうぞ」と声をかけられたとき、あなたならどの席に座るだろうか。

高価な財布を使っている人ってどんな人?

人は、見た目と内面が必ずしも一致しているとは限らない。

派手な格好をしているからと言って性格も大胆かというと、そういう人に限って意外と地味な性格だったり、コンプレックスを抱えているかもしれない。

耳たぶをひっぱりながら話す人には要注意!?

耳の近くの髪の毛を触るのが癖になっている人がいる。

これを見ても特になんとも思わないのは、それに見慣れているからである。

しかし、目の前にいる相手が同じことをしたら、自分の話の仕方や振る舞いに気を付けたほうがいいだろう。

靴を見るだけで人の性格はここまでわかる!

「おしゃれは足元から」と言われるように、靴にはすごい力がある。

たとえば、髪型や服装はきちんとしていて清潔感のある人でも、靴がボロボロだったり、汚れていたりしたら、いくら靴以外が完璧であっても印象は良くないだろう。

派手なネクタイをする人は何を考えている?

ネクタイをするとき、どちらかといえば地味なデザインが多いスーツに対して、ネクタイは色や柄が豊富だ。

ネクタイひとつでスーツやその人の印象が変わるし、何より使う人の個性が表れる部分でもある。

派手な柄のネクタイを人は押しが強く目立ちたがり屋なことが多く、自意識が強い人だと言える。

「臭い」と思っていても嗅いでしまうワケ

レストランなどで食事をしているときに、まず箸を付ける前に料理の匂いを嗅ぐ人がいる。

皿に顔を近づけてまでするのはマナー的にはNGであるが、おいしそうな料理を目の前にすれば、誰しも匂いを嗅ぎたいといった気持ちになるだろう。

電話の最中にメモ帳に落書きをする人の心理とは?

電話をしているとき、話が長くなってきたときに、手元にあるメモ用紙に話と関係のないことを書いてみたり、落書きをした経験はあるだろうか。

話が長くてつまらないときや、話に関係なく無意識のうちにやっていると思う人もるだろうが、じつはその行動には意味があるのだ。

カラオケに行くと”ヒットソング”しか歌わない人はどんな人?

人それぞれ好きなものはあるだろう。

カラオケに行くと、その人がどういう曲を好んでいるかどうかでその人の性格がわかってしまうのだ。


スポンサーリンク

特に寒い日となると、ポケットに手をつっこんで歩いている人をよく見かけるだろう。

寒いからと無意識にしてしまうかもしれないが、寒くもないのにポケットに手を入れて歩く行為は、心理学的にもあまりいい意味はないという。

どちらかといえば、性格がひねくれている人がよくするからだ。

また、この行為には、隠し事をしたり、口を濁したりといった、他人に対してなかなか心を開きたがらない心理も働いているのだ。

歩いているとき以外で、相手が会話の途中にスッとポケットに手を突っ込んだならば、その人は何か隠し事やウソをついている可能性もあるだろう。

そのことをしつこく問いただしてもなかなか正直には答えないだろうけど、腹を待って話しているわけではないことは注意しておくべきだろう。

スポンサーリンク

 - 不思議な行動