ポケットに手を突っ込んで歩く人の心理とは?

特に寒い日となると、ポケットに手をつっこんで歩いている人をよく見かけるだろう。

寒いからと無意識にしてしまうかもしれないが、寒くもないのにポケットに手を入れて歩く行為は、心理学的にもあまりいい意味はないという。

どちらかといえば、性格がひねくれている人がよくするからだ。

また、この行為には、隠し事をしたり、口を濁したりといった、他人に対してなかなか心を開きたがらない心理も働いているのだ。

歩いているとき以外で、相手が会話の途中にスッとポケットに手を突っ込んだならば、その人は何か隠し事やウソをついている可能性もあるだろう。

そのことをしつこく問いただしてもなかなか正直には答えないだろうけど、腹を待って話しているわけではないことは注意しておくべきだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク