スポーツ観戦のときに観客が頭を抱えるワケは?

そこには人間の本能と心理が深くかかわっている。

たとえば、自分が応援しているチームや選手が決定的なチャンスを得たにもかかわらず、得点を入れる機会を逃したとする。

サポーターはその信じがたいショックから身を守ろうとして、もっとも重要な頭を本能的に防御するのである。

そうすることで、少しでも頭を守ろうとしているのだろう。

仕事での「頭を抱える」とは若干違う心理が働いているわけだ。

スポーツ観戦のときには自分も含め皆熱くなっているので、意識してなくてもとっさにそのしぐさを行えるのだ。

思わずこのポーズをとったときは、自分がゲームにのめりこんでいる証拠である。

決して悪いことではないので、精一杯応援してゲームを楽しむといい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク