さりげない手の動きでその人の本音が分かる

向かい合って座っているときに、机の上の書類を脇に避ける動作も、相手との距離を縮めたいといった気持ちの表れである。

前の記事で述べたが、話をしているときは、手の動きや目の動きと同時に、身体が前のめりになっているか、それともそらしているかによってどういった心情かが分かるので、そこも見ておくとより相手の気持ちがはっきりと分かるだろう。

また、あごに手をやるしぐさにも注意したほうがいい。

商談をしていて、相手があごをさすれば納得や関心、あごを指で挟むようにしているのは疑問を抱いているだろう。

このような動作をきちんと見ていれば、そこから話を持っていきやすくなるし、商談の成功率もあがるはずだ。

もし指やペンで机をたたいていれば、それは早く話を終わらせたい気持ちの表れなので、あまり話を長引かせても相手をいらいらさせるだけで終わるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク