「パーソナルスペース」を無視して近づく人の心理とは?

相手との距離が5センチメートル以内であっても不快にならないのは恋人くらいで、友人であれば1メートルくらいが許容範囲だろう。

しかし、このパーソナルスペースを無視して近づいてくる人がいる。

商談などをしているときに、相手の顔が自分の目の前にあってびっくりすることがある。

取引相手の顔が必要以上に接近していたら、誰でも違和感を感じるだろう。

では、なぜ相手はこのような行動をとるのだろうか。

それは、自分の欲求を通したいという心理が働いているからだ。

もちろん相手にだって「パーソナルスペース」は存在するが、これが商談、つまり自分の利益のためとなると話が変わってくる。

なんとしてでも成功させたい、自分を後押しする気持ちが自然と相手との距離を詰めてしまうのだ。

ちなみに相手と近くで話をしているときに、相手が前かがみになっていれば乗り気である証拠で、上体をそらして距離をとっていれば、それは興味がなかったり嫌がっている証拠である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク