「深々と頭を下げるのは誠実さの表れ」というのは間違い!?

実は、このおじぎから相手の心理をチェックできることをご存知だろうか。

おじぎのときに深々と頭を下げる人は、相手に対して敬意を持っているとみていい。

このような人は、プライドは高いがそれをきちんとコントロールできるため、協力関係をつくりやすいだろう。

逆に、ちょっとだけ頭を下げる人は自信家なタイプの人に多い。

相手よりも自分のほうが優れていると思い込んでいるかもしれない。

そして、普通に頭を下げつつも上目づかいで相手を見るタイプの人がいる。

このような人は、表面上は礼儀正しいように見えても、頭を下げているときに相手の様子を伺っており、相手に負けたくないといった意識が強い人だといえる。

ちなみに、必要以上に頭を下げてお辞儀をする人は、相手に対して嫌悪感を抱いているかもしれないので、相手の様子をよく見ておくといいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク