腕を組んだときの、不安になっている人の特徴とは?

これをみて憧れを抱くビジネスマンも多いだろう。

しかし、腕組みはただ偉い人だけの専売特許ではない。

相手と話している最中に、いつのまにか腕を組んでいることはよくある。

この腕を組む行為には、基本的には“バリア”の役割がある。

警戒や自衛、批判といった「相手を容認しない」という意思の表れだ。

なので、会話が進むにつれて相手が腕を組み始めたら、まずは相手の顔色と、組んだ手の先をよく観察してみるといいだろう。

もし表情が険しく、そして手がこぶしを握っていたら、それはあなたにたいする敵対意識を持っているに違いない。

逆に、手が二の腕をつかんでいたら、不安の表れなので、そのときは話を変えて相手の不安を解消してあげると話をしやすい環境を作ることができるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク