相手のアクションが減ったら、それは何かを隠しているかも!?

相手を観察していれば、何を隠しているかを見抜くことができるのだ。

人と人のコミュニケーションは、言葉以外にも話し方や表情など、相手のあらゆるしぐさによって伝わるのだ。

このうちのどれかが欠けてしまうと、それだけで不自然になったり、違和感を感じる。

何か隠し事をしている場合、表情や会話ではごまかせても、それがしぐさに表れてしまうことがある。

「目が泳ぐ」という言葉があるように、たとえ言葉や表情に出なくても、身体のどこかが不自然な動きをしてしまう。

また、身振りや手ぶりが少なくなったら、それは何かを隠そうとしている可能性がある。

これは、ウソを見破られてしまうのではという不安からくるもので、その不安が手の動きを抑えてしまうのだ。

また、ポケットに手を入れたり、やたらとものを触る行為も、そういった意図が隠されているかもしれない。

もし、相手がこれらの動きをしていたら、話題を変えてあげると相手もほっとするかもしれないが、逆に真意を問う必要があるのであれば、さらに深く追求するべきだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク