顔に何度も手をやりながら会話をする人の話には気を付けよう

なぜならば、人はウソをついたり、本音を隠しているときは、なにかしらの動作に表れるからだ。

急に汗をかいたり、何度も手が顔に触れていれば、もしかすると何か隠し事をしているかもしれない。

表情を変えることでウソがばれるのではないかといった不安から、部分的に顔を覆うような行動をとるわけだ。

なかでも隠し事をしているときに多いのが、鼻や口に手を触れる行為である。

これは、ウソをつくことで体内メカニズムが変化して鼻がかゆくなったりするためで、思わず手が顔に行ってしまうのである。

なので、話の最中に何度も相手が顔に手がいくようであれば、その話をちょっと掘り下げて聞いていくようにすれば、話をすべて鵜呑みにすることはないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク