カラオケに頻繁に通う人が表に出さない心情とは?

たとえばテンションを上げたいときやつらいときには明るい元気な歌で気分を上げたり、好きなアーティストの曲を歌ったりする。

特にわかりやすいのは、失恋で傷ついている人が、わざわざ辛い恋の歌を涙を流しながら熱唱するケースだろう。

その時の自分の感情に合うような曲をあえて歌うことで、自分の抱いている感情を歌に込めて解き放っているのだろう。

日常生活の中では大きな声を出せず、感情を表すことができないが、カラオケなら思いっきり発散できる。

それも歌詞の中に自分の気持ちと同じ内容が入っていればなおらさらである。

この場で気が済むまで気持ちを出すことができる。

ある程度の人数でカラオケに行ったときにその人だけがマイクを独占されるのは迷惑ではあるが、もし相手が不満や失恋をつらさを発散することを理由にカラオケに誘ってきたならば、日ごろの鬱憤がたまっていることを察してあげるといいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク