心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

会話を聞きたがる人の“狙い”とはなんだろうか?

8b78540ca6c3d6d850957f533be1b2dd_s

何かを決めるときに、すぐ会議を開こうとする人がいる。

こういう人は、自分に自信がない人だと思っていい。

スポンサーリンク

  関連記事

仕事が中途半端な人には、ある言葉の特徴がある。

仕事ができているようでできていない、そんな人を目の当たりにした経験はないだろうか。

そんな人に限って、ある言葉を頻繁に使っている。

それは、「時間がない」という言葉だ。

「時間がない」と聞くと一見忙しそうに思えるが、よく相手の行動を見ていると、無駄が多かったり時間の配分ができていないといった場合がある。

無神経な性格の人は「相変わらず」をよく使う?

友達や知人と久しぶりに再会したときは、「久しぶり」「元気だった?」から話が 始まるのがふつうだが、相手の近況も聞かずに「相変わらずだね」などと言う人がいる。

何も聞かずに最初に「相変わらず」と決めつける人は、無意識に言っている場合もあるが、 たいていはその人の見た目だけを見て言っている。

もしくは、人の気持ちを考えない 無神経な人だろう。

「あなたにはわからないと思うけど…」と前置きする人

相手から、「あなたには分からないと思うけど…」と前置きをされたとき、その内容が気になる自分と、相手に対して不愉快に思う自分のどちらかを感じるだろう。

人によっては両方思うかもしれない。

「わからないと思うけど」と前置きをする人は、実は自分自身でもよくわかっていないけど分かっているように話す、いわば知ったかぶりをしていることが多い。

「やっぱり」は便利だけど難しい言葉のひとつ

日本語は、標準語以外に方言や略語などが多種多彩で難しい言語だといわれている。

実際、他の地域の方言なんかは日本人ですらわからないほどである。

決して方言ではないが、便利だけど難しい言葉のひとつとして、「やっぱり」がある。

他人の意見をいつも認める人の本心はどうなのか?

人間関係を保つことは、言葉で言う以上に難しく大変なものだ。

人によってさまざまだが、人と話すのが好きな人、嫌いな人それぞれいるのも、もとはと言えば人間関係の影響だろう。

話の途中に「とにかく」が出たら要注意!

忙しいときに限って、セールスやどうでもいい内容の電話がかかってくる。

なんとも不思議だ。

「何かあるのかも」と思い、電話に出てはみるものの、相手の話がセールスやただの世間話であれば困るもの。

「意見の同意」から「自慢話」に発展してしまう心理

人と話をしているときに、相手が同意を求めてきた経験はないだろうか。

たとえば、「あの人ってどう思う?」からあなたの意見を聞いてきて、「いい人だと思う!」と答えれば「そうだよね!」となり、会話が進む。

これは、相手の意見を聞いて、または反応を確かめて同意を得て、安心したいという人間の心理である。

相手の「愚痴」に潜むその人の本心

あなたのまわりに、愚痴ばかりこぼす取引秋はいないだろうか。

「残業が多くてきつい」「給料が少ない」など、それらをただの愚痴だと思って聞き流してはいけない。

この愚痴には、あなたの会社への不満の「置き換え」なのかもしれない。

話の最初に「さて」を使いたくなるわけは?

テレビを見ているときに、普段あまり聞くことのない言葉がよく使われていることに気付いたことはあるだろうか。

いろんな単語があるが、一例として「さて」がある。

番組やニュースなどで話題を切り替えるときに、「さて」が使われるが、友達同士や日常会話で「さて」を使った覚えがあるだろうか?おそらく、ほとんどの人がないと思う。

「でも」という口癖に隠された本心

自分が話をしているときに、相手から「でも〜だよね」と否定されると、なんだか不愉快になる。

決していやがらせする意味で使っているとは限らないが、「でも」が口癖になっている人は、慎重な性格で、いい面よりも悪い面を重視してしまう人が多い。


スポンサーリンク

自分の意見を言わずに他人の意見を聞き、もし自分が失敗したときに自分一人の責任になることを避けているのである。

なので、たとえ自分が考えた計画であっても、まず会議にかけて、周りの反応を確認するのだ。

ここで賛成を得られることで、たとえそれがうまくいかなくても、「周りが賛成した」と言う風に、自分だけの責任でなくなるのだ。

つまり、自分の意見に“保険”をかけているのと同じである。

これによって連帯責任にすることができ、「最終的に決めたのはみんなだ」と責任転嫁することもできる。

このようなタイプの人は、日ごろからなにかと1人で決めることができずに、他人と問題を共有したがる。

もし何かあったらいつでも責任を回避できるようにしておき、都合が悪くなると「あのとき○○さんもこう言った」と、相手に責任を押し付ける。

こういうタイプの人に限って、成果が出ると「私のおかげで成功した」と、手柄を自分だけのものにするかもしれない。

このような人と一緒に仕事をするときは注意したほうがいいだろう。

スポンサーリンク

 - 何気ない一言