挨拶するときに手をおなかに置く理由とは?

それを怠ると、いくらいい話でもまとまらない。

だが、見た目や第一印象に惑わされて相手の本心を見抜くことができなければ、あとでひどい目にあうだろう。

このような状況で、人が何かに対して警戒心をもっているときには、無意識のうちにおなかに手を当てて防御姿勢をとっていることがある。

これとは対照的に、後ろで腕組みなどをして相手におなかを見せるのは、相手に対して警戒心をもっていないサインである。

なので、挨拶をするときに相手がおなかに手を当てていたら警戒しているサインなので、商談に入る前に世間話などをしてその場の空気を換えてあげるといいだろう。

そうすることによって、相手にいい印象も与えられるし、相手は警戒心が和らぎ、商談なども進みやすくなる。

つまり、一石二鳥ということだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク