心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

挨拶するときに手をおなかに置く理由とは?

528f9c1f12e395ec4476a4690da94f47_s

初対面の人と挨拶を交わす時は、ほとんどの人は相手にいい印象を与えるために、事前準備や身だしなみのチェックをしてから望むだろう。

特にビジネスシーンにおいては、商談などがからんでくるので特に注意が必要だ。

スポンサーリンク

  関連記事

語尾が曖昧な人は、自己保身が強い傾向がある

会話の語尾が「〜したいと思います」と、「〜したいです」の場合では、ずいぶんと受ける印象が違うことに気付いたことはあるだろうか。

「〜したいと思います」の場合、あくまで「思っている」わけであり、断言していない。

あえて曖昧な表現を使うことで、「する」と見せかけてできなかった場合の自己防衛をしているのである。

入口に近い席に座る人はある「不安」を抱えている!?

会議や教室、講演会の会場などで自由に席を選べるときに、いつも出入り口の近くに座りたがる人はいないだろうか。

前の席でもなく、コミュニケーションがとりやすい真ん中の席でもなく、出入り口に近いところを選んでしまうのだ。

実は出入り口付近に座る人は、心に何か不安を持っていることがあるのだ。

別れ際の相手の言葉で、脈があるかどうか分かる!?

友達や取引先との別れ際の挨拶のときに、人の本音が出やすいものである。

特にビジネスの場 であれば社交辞令であることが多いのだが、たとえば取引先との商談で新しい提案をしたときに、相手が終始興味のないような態度をとっていた場合、別れ際で相手が「近いうちに連絡します」と言った場合はどうだろうか。

「やっぱり」は便利だけど難しい言葉のひとつ

日本語は、標準語以外に方言や略語などが多種多彩で難しい言語だといわれている。

実際、他の地域の方言なんかは日本人ですらわからないほどである。

決して方言ではないが、便利だけど難しい言葉のひとつとして、「やっぱり」がある。

お騒がせな人が使う意外な言葉、それは「意外と」だった!?

世の中にはいろんな性格の人間がいることは言うまでもない。

真面目な人、ふざける人、それもすべて個性として表現できる範囲ならば問題ないだろう。

しかし、完璧な人間などいるはずもない。

「だから~」と話を強引に展開する人の心理は…?

話をするときに、ムードメーカーな人がいると話が盛り上がるし、何より楽しい。

だが、 話が盛り上がってくると、会話の中心になりたがる人がいる。

人によっては、話を 聞くよりも話すほうが好きという人もいるだろう。

「えー」と頻繁に前置きする人は計算高い!?

会話をしているときに、「えー」と前置きをされることはないだろうか。

実はこの一言に 深い意味があるかもしれない。

突発的に「えー」と言ってしまうこともあるが、「えー」と前置きすることで本題に入るのを引き伸ばし、その間に頭の中で話を練っていることが多いのだ。

プライドが高い人は、呼びかけに「えっ?」と返すことが多い!?

一回呼んだだけでは反応せず、数回名前を呼ばれてようやく返事をする人がいる。

耳が遠いのかな?と思いたくなるが、この呼びかけに「えっ?」と返事をする人はプライドが高い人が多い。

聞こえているのに聞こえなかったふりをするのは、ただの演出かもしれない。

「あるいは」や「もしくは」をよく使う人には気を付けよう

話と話をつなぐ言葉はいろいろあるが、「あるいは」「もしくは」を多用する人にはある特徴がある。

「Aにするか、あるいはBにするか」と言うモノを選ぶとき、「遊びに行く、もしくは家でのんびりする」といった具合に、物事を合理的に考える人ほどよく使う言葉なのだ。

話の途中に「とにかく」が出たら要注意!

忙しいときに限って、セールスやどうでもいい内容の電話がかかってくる。

なんとも不思議だ。

「何かあるのかも」と思い、電話に出てはみるものの、相手の話がセールスやただの世間話であれば困るもの。


スポンサーリンク

それを怠ると、いくらいい話でもまとまらない。

だが、見た目や第一印象に惑わされて相手の本心を見抜くことができなければ、あとでひどい目にあうだろう。

このような状況で、人が何かに対して警戒心をもっているときには、無意識のうちにおなかに手を当てて防御姿勢をとっていることがある。

これとは対照的に、後ろで腕組みなどをして相手におなかを見せるのは、相手に対して警戒心をもっていないサインである。

なので、挨拶をするときに相手がおなかに手を当てていたら警戒しているサインなので、商談に入る前に世間話などをしてその場の空気を換えてあげるといいだろう。

そうすることによって、相手にいい印象も与えられるし、相手は警戒心が和らぎ、商談なども進みやすくなる。

つまり、一石二鳥ということだ。

スポンサーリンク

 - 何気ない一言