割り勘にしたがる人が好む人間関係とは?

割り勘にこだわる人は、他人との必要以上のかかわりを避けたがる傾向が強いのだ。

このタイプの人の場合、割り勘にすることでお互いに貸し借りの関係を一切持たないということなのだ。

「あの時あれだけおごってもらった」とか、「あの時自分は多く払った」などといったことになると、つい恨み節が出てくるだろう。

しかしそれを割り勘にすることによって、次回以降にそういったことを持ち越すことがなくなり、少なくともお金のことでは貸し借りの関係がなくなるのだ。

不必要な関わり合いも避けられるため、かなりドライな人間関係を好む人だと言えるだろう。

おごる、おごられるといった今後につながるようなかかわりを避けるわけで、周りからすれば「冷たい人間」だと思われがちだが、そういった部分に気付いてあげることで、お互い苦労しない付き合いができるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク