心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

仕事と関係のない私物をオフィスに持ち込む人の心理とは?

dd6b607a6319e360c9b1f2772ceb63d3_s

オフィスのデスクの上やその周辺にあるものは、必ずしも仕事に関係のあるものとは限らない。

私的な写真であったり、ちょっとした小物や雑誌など、数点置いているだけならまだしも、まるでオフィスのデスクを自分の城のように私物を並べている人もいるだろう。

スポンサーリンク

  関連記事

カラオケに頻繁に通う人が表に出さない心情とは?

カラオケ店に入り浸っている人は、毎日の生活に不満やストレスを抱えている人が多い。

その不満やストレスの発散のためにカラオケで歌っているからだ。

受け取ったレシートを丸めて捨てる人の心理は?

飲食店やスーパーマーケットへ行ったときに必ずと言っていいほど受け取るレシート。

おつりと一緒に受け取ってその場で確認したり、きちんと財布にしまう人もいれば、すぐ捨てる人もいる。

そのまま近くのゴミ箱へ捨てる人もいたり、あるいは丸めて捨てたり、人それぞれである。

しかし、そのレシートを捨てる行為一つでその人の心理がわかるのだ。

財布の中になんでも入れたがるのはどんな人?

「財布を見れば持ち主の性格がわかる」とよく言われる。

しかし、その人のイメージと財布の中身が一致しないことがあるだろう。

気安く肩をたたいてくる相手には要注意!?

日本人は、外国人に比べてスキンシップが得意でない人が多い。

日本人は割と警戒心が強く、初めからいきなりボディータッチやハグをすることはほとんどないからだ。

しかし、それほど親密な関係でもないのになれなれしく体に触れてくる人がいる。

トイレの個室の選び方で人の性格がわかる!?

駅やデパートなどのトイレに入ったとき、個室がどこも空いていたら、あなたはどこに入るだろうか。

その時の状況次第かもしれないが、こういうときにどの個室に入りたがるかによって、その人の性格がわかるのである。

電車に乗ったときに座席の真ん中に座る人は何を考えている?

電車に乗るとき、線路と同じ向きに並んだ長い座席は扉から近いところ、つまり両端から埋まっていく。

始発電車の扉が開くと、乗客は真っ先に扉に近い端の席に座るだろう。

実は、普段何気なくやっているこの行動にはとある人間の心理が潜んでいるのだ。

アゴを突き出すのは「プライド」の表れ!?

気位の高い人ほど、自分を多く見せることがうまい。

そういう人は、仕事を一緒にしたり食事に行ったりと、ある程度行動を共にしていると徐々にわかってくるが、ちょっとしたしぐさでも簡単に見抜けてしまうのだ。

椅子に逆向きにまたがって座る行為には重要なサインが隠されている!?

複数人で座って話をしているときに場の雰囲気がくだけてくると、足を広げ、椅子の背もたれを前にして、背もたれを両手で抱えるようにして逆向きに座る人がいるが、この姿勢には「防御」と「支配」の意味が隠されている。

背もたれを前にして座るこの姿勢は決して座りやすいわけではないが、ちょっとした意識が働く。

時計を確認する癖がある人と話すときの注意点

話をしていて時間がないときに面と向かって「時間がないので手短に…」と言えない状況のとき、あなたならどうするだろうか。

多くの人は、時計を見るふりをして、相手に時間を気にしていることに気付いてもらおうとするだろう。

話をしているときに、女性が両手で頬を挟む意味とは?

話をしているときに、女性が自分の頬を両手で挟むしぐさをすることはないだろうか。

じつは、このしぐさは相手から聞かされた話の内容に驚いたときに多い。

彼女はその話に引き込まれてしまい、話の中の登場人物になりきって同じ心情になっているのだ。


スポンサーリンク

確かに、ずっとデスクワークをしていると疲れるし、多少たりとも気分転換のできる写真や雑誌を適度に置いておくのは、仕事がはかどるだろう。

しかし、周りから見ても明らかにデスクの上が仕事場とは思えない状態になっていると、帰って悪い印象を持ってしまう。

これは、自分にとって少しでも居心地のいい空間にしようという気持ちの表れでもあるが、オフィスに私物を持ち込む人は、縄張り意識が強いことが多いのだ。

オフィスを見渡して、明らかにほかの人のデスクとは違う、個性をアピールしたデスクは、完全にその人のテリトリーであり「ここは私だけの空間だから」という思いが伝わってくる。

そういったタイプの人の性格はマイペースで、やや自分本位であると言える。

一方で、自分を大切にしすぎるあまり、与えられた仕事を熱心にこなすといういい面もある。

一見ごちゃごちゃしているだけに見えるデスクでも、そこにはその人の人柄が表れているのだ。

スポンサーリンク

 - 不思議な行動