心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

電車に乗ったときに座席の真ん中に座る人は何を考えている?

39196501722cca6b5065c52514401c1c_s

電車に乗るとき、線路と同じ向きに並んだ長い座席は扉から近いところ、つまり両端から埋まっていく。

始発電車の扉が開くと、乗客は真っ先に扉に近い端の席に座るだろう。

実は、普段何気なくやっているこの行動にはとある人間の心理が潜んでいるのだ。

スポンサーリンク

  関連記事

財布の中になんでも入れたがるのはどんな人?

「財布を見れば持ち主の性格がわかる」とよく言われる。

しかし、その人のイメージと財布の中身が一致しないことがあるだろう。

すぐにペコペコ謝る人を信用してはいけない理由とは?

「顔で笑って心で泣く」という言葉があるが、人間関係においてはその逆のこともある。

逆にすると「顔で泣いて心で笑う」、つまりすぐにペコペコと謝る人のことなのだ。

すぐにペコペコ謝る人はあまり信用しないほうがいいだろう。

さりげない手の動きでその人の本音が分かる

目の動きも大事だが、手の動きも重要だ。

なぜなら、相手の手の動きを見るだけで、その人の口には出さない本音が分かるからである。

たとえば話をしているときに、手のひらを開いていたり、机の上に手を出しているときは、心も開いているだろう。

腕を組んだときの、不安になっている人の特徴とは?

優秀な経営者や高級レストランのオーナーシェフなどの写真が載ったビジネス雑誌などがある。

その写真を見てみると、身体を斜めに傾けて腕組みをし、得意そうな顔をして写真におさまっている。

普通の人とはどこか違う、しっかりとした雰囲気が伝わってくるが、じつはこの高い位置での腕組みは「威厳」の表れでもあるのだ。

後ろで手を組んで歩く人は自信家だった!?

人それぞれ歩き方には特徴がある。

たとえば、病院の院長の回診や、お偉いさんが現場を見まわるときなどは、後ろに手を組んでゆっくりと歩いている人がいるが、じつはこのような歩き方をする人はなかなかの自信家であるかもしれない。

締め切りが迫ると違うことを始める人の本心は?

期限が明日に迫っている仕事があるときに限って、急に掃除を始めたり棚の整理を始めたりする人がいる。

経験したことがある人はわかるだろう。

やらなければいけないと分かっていても、なかなかやる気にならないことがある。

椅子に逆向きにまたがって座る行為には重要なサインが隠されている!?

複数人で座って話をしているときに場の雰囲気がくだけてくると、足を広げ、椅子の背もたれを前にして、背もたれを両手で抱えるようにして逆向きに座る人がいるが、この姿勢には「防御」と「支配」の意味が隠されている。

背もたれを前にして座るこの姿勢は決して座りやすいわけではないが、ちょっとした意識が働く。

人だかりを見たときの行動で、その人の性格がわかる!?

道を歩いているときに人だかりを目撃すると、「何かあったのかな」と、誰しも気になるだろう。

そして、人によっていろいろな反応がおこる。

無視して素通りする人もいれば、立ち止まってその人だかりに入り込んでいく人もいるだろう。

人だかりを見て立ち止まる人というのは、ふだんから人間関係を大切にしている人に多い。

時計を確認する癖がある人と話すときの注意点

話をしていて時間がないときに面と向かって「時間がないので手短に…」と言えない状況のとき、あなたならどうするだろうか。

多くの人は、時計を見るふりをして、相手に時間を気にしていることに気付いてもらおうとするだろう。

外からは見えない、立ち話で済ませようとする人の本音とは?

職場などでしょっちゅう話をすることがあるのに、いつも立ち話で済ませたがる人はいないだろうか。

忙しいときや短時間で済ませたいときであれば、誰しも立ち話をすることがあるだろうけど、商談のときや時間に余裕があるときにまで立ち話をされると、聞いている側は疲れてくるだろう。


スポンサーリンク

満員の通勤電車を嫌うように、人は他人との間にある一定のスペースを保ちたがる。

できれば、見ず知らずの他人とは近づきたくないだろうし、そのスペースを無視して近づいて来られると、不安になったり不快感を抱くだろう。

そこで、一種の縄張り意識のようなものが働くことによって、電車の座席は両端から埋まっていき、他人同士でなるべく近づかないように離れようとする本能が働くのだ。

しかし、特に座席が埋まってるわけでもないのに、いきなり座席の真ん中に座る人もいる。

このようなタイプの人は、あまり自分と他人との距離感を気にしない人、つまり見ず知らずの他人が近くにいても不安にならないのである。

他人との間に一線を引かず、相手が入り込んでほしくない領域など気にせずに遠慮なく入っていくタイプである。

こういう人と一緒にいると、どこかで自分のはいられたくない領域に入ってこられる可能性があるので、あまり落ち着けないことがあるかもしれない。

スポンサーリンク

 - 不思議な行動