締め切りが迫ると違うことを始める人の本心は?

はたから見れば、こういった行動は現実逃避していると思うかもしれないが、実はそうではなく、万が一のときのために言い訳づくりをしていることがある。

これは、もし失敗したときに受ける心の傷を回避しようとする行動で、あらかじめ自分に不利な条件を作っておいて、期限に間に合わなかったときや、内容に不備があったときでも「○○していて時間がなかったから…」などと言い訳ができる、ある意味「備えあれば憂いなし」な行動なのかもしれない。

そして、その原因が自分のせいではなく外的要因のせいにすることで、自分の能力とは別の問題だと言い訳をしているのだ。

このような行動をする人は、自分の非を認めたがらないプライドが高い人や、傷つきやすい人に多いのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク