心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

電話の最中にメモ帳に落書きをする人の心理とは?

d51b7a9ce5ae226f7bbefbf1c8967f07_s

電話をしているとき、話が長くなってきたときに、手元にあるメモ用紙に話と関係のないことを書いてみたり、落書きをした経験はあるだろうか。

話が長くてつまらないときや、話に関係なく無意識のうちにやっていると思う人もるだろうが、じつはその行動には意味があるのだ。

スポンサーリンク

  関連記事

寝るときに体を丸める姿勢を取る人の心理とは?

寝ているときは、人間が一番無防備になる時間である。

どんなにうるさい人や怖い上司であっても、寝顔があどけなかったり、自分の妻が目も当てられない寝相であったりするなど、寝ているときの自分の姿は他人に見られて欲しくないものである。

口元に手をやる癖がある人はどんな人?

常に周りに誰かがいないと生きていけない依存型の人は少なからずいるものだ。

このようなタイプの人は男女かかわらず存在する。

股間のあたりに手を置く男性は、何か隠し事をしようとしている!?

社長や専務といった偉い人たちがあつまる場に行った時に、会場内を見回してみてほしい。

その中には、股間のあたりを両手で隠すように立っている男性が数人はいるだろう。

男性が無意識にこの動作をしてしまうのは、不安や緊張、警戒心といった気持ちの表れだ。

手のひらを下に向ける行為にはどういう意味がある?

人にものを頼むときには、一緒に手を差し出す人も多いだろう。

このときに手のひらは上を向いているだろうか、それとも下を向いているだろうか。

たいした違いがないように見えるが、じつはこの手のひらの向きによって、その人の心の中が見抜けてしまうのだ。

髪の毛を引っ張ったり、抜いたりする人の本心とは?

自分の髪の毛を指に巻きつけたり髪型をしょっちゅう整えたり、髪の毛に触るのが癖になっている人は男女関係なくいる。

暇なときに意識的に触ることがほとんどであるが、中には本を読んだり、何かに夢中になっているときに、やたらと自分の髪の毛に手を伸ばし、引っ張ったり、ときには引き抜いたりすることがある。

財布の中になんでも入れたがるのはどんな人?

「財布を見れば持ち主の性格がわかる」とよく言われる。

しかし、その人のイメージと財布の中身が一致しないことがあるだろう。

相手の立ち位置から、自分に好意的かどうかを見抜く方法

「最近がんばってるか」「期待してるぞ」「君なら大丈夫」などと言って背中をたたいてくる人がいる。

その相手が上司や同僚などさまざまだと思うが、それは自分に対して特別な気持ちを持っている証拠である。

顔に何度も手をやりながら会話をする人の話には気を付けよう

相手と話をしているときに、やたらメガネに触れたり、鼻や口など、何度も顔に触れる人がいる。

もちろん、メガネがずれたり、顔のどこかがかゆいといった理由が多いが、じつはこのしぐさに別の意味が隠れている場合があるので注意が必要だ。

不自然なアクションをする人は何か抱え込んでいる!?

会話をするときに、話をより相手に伝えやすくするために身振り手振りをしながら話をすることがある。

多少大げさにアクションをしても、そこは話の盛り上がりとして一役買っていると思えばいいだろう。

相手がうつむいてあごに手を当てたら、それは何かの合図

家族や親友など、いくら親しい間柄であっても何でも話せるものではない。

内容によっては、言いにくかったり、場合によっては言わない方がいいこともある。

親しき仲にも礼儀ありという言葉のとおりだ。


スポンサーリンク

この行動には「抑制」という、自分自身をコントロールする役割がある。

理不尽な話や要求を受けているときなど、イライラしているのを抑えようとして無意識のうちに落書きをしてしまう。

また、本音を隠しながら話をしていたり、うそをついているときにも、どうにかばれずに切り抜けたいという、自分自身の中で焦る気持ちを抑えるために落書きをして気を紛らわせているのだ。

しかし、この行動にはもうひとつ別の意味もある。

それは、書くことで集中力がアップするということだ。

眠いときなどにメモ帳に落書きしながら話をすると、途中で気がそれたりせずに話ができるかもしれないが、あまり落書きに集中しないように、あくまで本題は電話であることを忘れてはいけない。

スポンサーリンク

 - 不思議な行動