電話の最中にメモ帳に落書きをする人の心理とは?

この行動には「抑制」という、自分自身をコントロールする役割がある。

理不尽な話や要求を受けているときなど、イライラしているのを抑えようとして無意識のうちに落書きをしてしまう。

また、本音を隠しながら話をしていたり、うそをついているときにも、どうにかばれずに切り抜けたいという、自分自身の中で焦る気持ちを抑えるために落書きをして気を紛らわせているのだ。

しかし、この行動にはもうひとつ別の意味もある。

それは、書くことで集中力がアップするということだ。

眠いときなどにメモ帳に落書きしながら話をすると、途中で気がそれたりせずに話ができるかもしれないが、あまり落書きに集中しないように、あくまで本題は電話であることを忘れてはいけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク