心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

入口に近い席に座る人はある「不安」を抱えている!?

27131f92eee759a47ab3803ae04d8100_s

会議や教室、講演会の会場などで自由に席を選べるときに、いつも出入り口の近くに座りたがる人はいないだろうか。

前の席でもなく、コミュニケーションがとりやすい真ん中の席でもなく、出入り口に近いところを選んでしまうのだ。

実は出入り口付近に座る人は、心に何か不安を持っていることがあるのだ。

スポンサーリンク

  関連記事

話の“ふたつの解釈”

意見の主張がはっきりできる人、できない人、周りにそれぞれいるだろう。

話を始めるとき、「〜というか」で話し始める人は、相手の意見に対して賛成もしくは反対を主張するというより、とりあえず自分の意見を主張しておきたいタイプの人である。

「えー」と頻繁に前置きする人は計算高い!?

会話をしているときに、「えー」と前置きをされることはないだろうか。

実はこの一言に 深い意味があるかもしれない。

突発的に「えー」と言ってしまうこともあるが、「えー」と前置きすることで本題に入るのを引き伸ばし、その間に頭の中で話を練っていることが多いのだ。

無神経な性格の人は「相変わらず」をよく使う?

友達や知人と久しぶりに再会したときは、「久しぶり」「元気だった?」から話が 始まるのがふつうだが、相手の近況も聞かずに「相変わらずだね」などと言う人がいる。

何も聞かずに最初に「相変わらず」と決めつける人は、無意識に言っている場合もあるが、 たいていはその人の見た目だけを見て言っている。

もしくは、人の気持ちを考えない 無神経な人だろう。

「ここだけの話なんだけど…」という話には要注意!

会話の最中に「ここだけの話なんだけど…」と切り出された場合、相手はどう思っているだろう。

たいていの場合、相手ともっと関わりたい、仲を深めたいという意味合いである。

他人の意見をいつも認める人の本心はどうなのか?

人間関係を保つことは、言葉で言う以上に難しく大変なものだ。

人によってさまざまだが、人と話すのが好きな人、嫌いな人それぞれいるのも、もとはと言えば人間関係の影響だろう。

「だから~」と話を強引に展開する人の心理は…?

話をするときに、ムードメーカーな人がいると話が盛り上がるし、何より楽しい。

だが、 話が盛り上がってくると、会話の中心になりたがる人がいる。

人によっては、話を 聞くよりも話すほうが好きという人もいるだろう。

語尾が曖昧な人は、自己保身が強い傾向がある

会話の語尾が「〜したいと思います」と、「〜したいです」の場合では、ずいぶんと受ける印象が違うことに気付いたことはあるだろうか。

「〜したいと思います」の場合、あくまで「思っている」わけであり、断言していない。

あえて曖昧な表現を使うことで、「する」と見せかけてできなかった場合の自己防衛をしているのである。

会話を聞きたがる人の“狙い”とはなんだろうか?

何かを決めるときに、すぐ会議を開こうとする人がいる。

こういう人は、自分に自信がない人だと思っていい。

会話の最中に何度も水を飲む人が考えていることとは?

人は誰だってのどが渇く。

暑い日ならばなおさらだろう。

これは生理的欲求なので仕方がないのだが、とくに暑くもないのに、水をがぶ飲みする人がいる。

実は、話の最中に何度も水を飲む人は、うそをついていることがあるので注意したほうがいいだろう。

挨拶するときに手をおなかに置く理由とは?

初対面の人と挨拶を交わす時は、ほとんどの人は相手にいい印象を与えるために、事前準備や身だしなみのチェックをしてから望むだろう。

特にビジネスシーンにおいては、商談などがからんでくるので特に注意が必要だ。


スポンサーリンク

出入り口付近に座ると、火災などの緊急事態が起きたときにすぐに逃げられるといえばわかりやすいだろう。

この緊急事態のたとえに限らず、端っこが好きな人であれば端のほうの席を選びたがるが、出入り口付近に座るとなると、その人は「その場になじめるか」「その集団に受け入れられるだろうか」ということを無意識に感じているかもしれない。

もしそうならば、いつでも出入り口から外に逃げ出せるようにしておきたいという心理が働くことで、出入り口付近の席を選んでしまうのだろう。

また、好きな時に外に出ることができない場合も同じで、出入り口付近にいることで心に抱えている不安を少しでも解消しようとしているのかもしれない。

スポンサーリンク

 - 何気ない一言