外からは見えない、立ち話で済ませようとする人の本音とは?

ふつうならば、立ち話よりも座って話すほうがリラックスできて話も弾むだろう。

しかし、立ち話ばかりだと、相手があなたのことを苦手に感じている、もしくは心を開いていないのだろう。

街中などで近所の奥様が集まって話をする、いわゆる「井戸端会議」とは事情が違うので、もし立ち話をすることが癖になっている人は気を付けたほうがいいだろう。

もしあなたが相手に苦手意識があるのであれば、「自分には合わない」「この人は苦手だ」といった心の声を見抜かれてしまわないように気を遣いながら話さなければならないので、なおさらつらいだろう。

相手から自分の本心を見抜かれずに話をするならば、要件が済めばすぐにその場から離れられる立ち話のほうが都合がいいというわけだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク