相手の「愚痴」に潜むその人の本心

不満や怒りを直接ぶつけずに、あえて代わりとなるものに置き換えてあなたに伝えているのである。

それによって直接伝えられない不満を解消しようとしているのだ。

最初に挙げた事例を直接あなたの会社のことだと伝えると問題があるので、自分の会社のこととすり替えて遠回しに愚痴を言っているのかもしれない。

「残業が多い」という例であれば、もしあなたの会社が遅い時間に連絡している場合、それがもとになって残業につながっていたり、「給料が少ない」であれば、値引きの要求ばかりして利益が出ずにしわ寄せがきているといった感じで、直接は言わないがあなたの会社への不満や怒りを表している可能性もないとは言い切れない。

話すたびに愚痴をこぼしている取引先がいたら、少し真剣に話を聞いてみるといいだろう。

もしかしたら、あなたの会社の評判につながる部分や不満などを聞き出せるチャンスかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク