半分も吸ってない煙草を灰皿に押し付ける人の心理は?

話に夢中になってしまい、タバコの灰を落とすのを忘れてしまうのである。

灰皿に置いたままほったらかしている場合も、やはり話に夢中になっているだろう。

これとは正反対なのが、タバコを吸い始めたと思ったら、あまり吸わずにすぐもみ消す人の場合である。

これが1本だけなら急いでいるだけかもしれないが、あまり吸ってないタバコが何本も灰皿にたまったら、それは相手が早く話を切り上げて立ち去りたい、つまりイライラしている合図だ。

タバコを消すのは、吸い終わったときかその場を立ち去るときであり、あまり吸わずに…となると、それは早く話を終わらせてほしいという気持ちが出ているわけだ。

タバコが吸い終わるタイミングと同時に席を立つかどうか相手が考えていることもあるので、相手のタバコの吸い方を見て、話を続けるかそれとも結論を急ぐかどうかを考えたほうがいいかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク