心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

半分も吸ってない煙草を灰皿に押し付ける人の心理は?

0566438d44f31801c064a1ad40e58ee5_s

友人や職場の同期がタバコを吸っているときの吸い方を見ていると、その人の気持ちが行動に出ていることがある。

例えば、タバコを持ったまま吸うのを忘れて灰が落ちそうになっていたら、それは話に夢中になっている証拠だ。

スポンサーリンク

  関連記事

受け取ったレシートを丸めて捨てる人の心理は?

飲食店やスーパーマーケットへ行ったときに必ずと言っていいほど受け取るレシート。

おつりと一緒に受け取ってその場で確認したり、きちんと財布にしまう人もいれば、すぐ捨てる人もいる。

そのまま近くのゴミ箱へ捨てる人もいたり、あるいは丸めて捨てたり、人それぞれである。

しかし、そのレシートを捨てる行為一つでその人の心理がわかるのだ。

電車に乗ったときに座席の真ん中に座る人は何を考えている?

電車に乗るとき、線路と同じ向きに並んだ長い座席は扉から近いところ、つまり両端から埋まっていく。

始発電車の扉が開くと、乗客は真っ先に扉に近い端の席に座るだろう。

実は、普段何気なくやっているこの行動にはとある人間の心理が潜んでいるのだ。

暑いわけでもないのに相手が背広を脱いだら、それは敵意のない証拠!?

商談や会議の最中に、暑くもないのにスーツの上着を脱ぐ人がいる。

じつは、その行動には、相手があなたに対して敵意を持っていないというサインかもしれない。

派手なネクタイをする人は何を考えている?

ネクタイをするとき、どちらかといえば地味なデザインが多いスーツに対して、ネクタイは色や柄が豊富だ。

ネクタイひとつでスーツやその人の印象が変わるし、何より使う人の個性が表れる部分でもある。

派手な柄のネクタイを人は押しが強く目立ちたがり屋なことが多く、自意識が強い人だと言える。

駅のホームでゴルフの素振りをする行動には裏がある!?

駅のホームで電車を待っているときに、手にした傘をゴルフクラブに見立ててスイングをしている中年男性を見かけたことはあるだろうか?もしかしたら、自分自身がそうであるという人もいるかもしれない。

実はこの素振りをするという行動の裏には、ちょっと悲しい現実が潜んでいるのだ。

「パーソナルスペース」を無視して近づく人の心理とは?

人は誰でも「パーソナルスペース」というものがある。

これは、相手との距離によって変わり、他人が自分のパーソナルスペースに入ってくると不快に思うわけだ。

エレベーターに乗ったときに「閉」ボタンを押すのはどんな人?

エレベーターに乗るときは、乗ったらすぐに自分の目的のある階数のボタンを押して、扉が閉まるのを待つか、あるいはすぐに「閉」ボタンを押すのが一般的だろう。

じつは、後者の行動が習慣になっていると、ときどき自分が下りると同時に閉まるように「閉」ボタンを押しながら降りる器用な人がいる。

握手するときに自分の手を上にしようとする心理は?

握手をするときは、双方が手を出して握り合うものだ。

このときに右手と右手といった感じになるだろう。

しかし、中には相手の手の上からかぶせるようにして握る人もいるのだ。

耳たぶをひっぱりながら話す人には要注意!?

耳の近くの髪の毛を触るのが癖になっている人がいる。

これを見ても特になんとも思わないのは、それに見慣れているからである。

しかし、目の前にいる相手が同じことをしたら、自分の話の仕方や振る舞いに気を付けたほうがいいだろう。

トイレの個室の選び方で人の性格がわかる!?

駅やデパートなどのトイレに入ったとき、個室がどこも空いていたら、あなたはどこに入るだろうか。

その時の状況次第かもしれないが、こういうときにどの個室に入りたがるかによって、その人の性格がわかるのである。


スポンサーリンク

話に夢中になってしまい、タバコの灰を落とすのを忘れてしまうのである。

灰皿に置いたままほったらかしている場合も、やはり話に夢中になっているだろう。

これとは正反対なのが、タバコを吸い始めたと思ったら、あまり吸わずにすぐもみ消す人の場合である。

これが1本だけなら急いでいるだけかもしれないが、あまり吸ってないタバコが何本も灰皿にたまったら、それは相手が早く話を切り上げて立ち去りたい、つまりイライラしている合図だ。

タバコを消すのは、吸い終わったときかその場を立ち去るときであり、あまり吸わずに…となると、それは早く話を終わらせてほしいという気持ちが出ているわけだ。

タバコが吸い終わるタイミングと同時に席を立つかどうか相手が考えていることもあるので、相手のタバコの吸い方を見て、話を続けるかそれとも結論を急ぐかどうかを考えたほうがいいかもしれない。

スポンサーリンク

 - 不思議な行動