自分が大好きな女性は、自分のことを名前で呼ぶ。

そのことに気付かずに、ずっと自分のことを名前で呼び続けているのはただ常識がないというだけではなく、自分のことが大好きで仕方がないと思っているのだ。

大人になるにつれて、周りの変化や自分自身の変化に気付いて意識的に変えていくのがふつうだが、こういうタイプの女性は、自分を「その他大勢の存在」の中に置くということは考えられず、常に自分中心に回っているというような考え方をしているのだ。

周りと同じ「私」を使わずに自分だけの固有名詞を使うことによって自分をアピールしているつもりかもしれないが、それは大人の会話に子供が入って注目を集めようとするのと同じ行動だといえる。

自己愛が強いがために、軽くあしらったりするとすぐすねてしまい、扱いが子供以上に面倒である。

本人に気付いてもらって直してもらうのが手っ取り早いが、そうはいかないのでやんわりと伝えてあげるしかないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク