「信頼している」を繰り返す人には気を付けよう

褒めたり おだてられたりして嫌になる人はいない。

その心理をうまく使って部下を動かそうとする上司も いるので要注意だ。

たとえば上司から仕事を頼まれた場合、どう考えても自分一人でできないような仕事を任されたとする。

自ら無理だと言って断ったが、上司が「君を信頼しているから」と言うと断りずらくなるし、上司も後を引かず結局仕事を引き受けてしまい、案の定失敗してしまったということになる。

上司からすれば他人事であり、「この人なら大丈夫だろう」と軽く考えている場合がある。

それなのに失敗したときは「信頼していたのに裏切られた」となるわけだ。

物事がすべて自分の思うようにいかないと、一転して態度が変わるだろう。

もし仕事を頼まれたときに「信頼しているから」などと 言われた場合は、その言葉の裏に潜む意味を思い出してほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク