心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

「信頼している」を繰り返す人には気を付けよう

7aa10b9c14e6a4fe22cc3787118eeeae_s

友達付き合いだけでなく、ビジネスにおいても信用や信頼は大切である。

信用や信頼が なければ、部下に仕事を任せることもできないし、他の企業とも取引をすることができない。

しかし、この「信用」や「信頼」といった言葉を軽々しく使う人には注意が必要だ。

スポンサーリンク

  関連記事

別れ際の相手の言葉で、脈があるかどうか分かる!?

友達や取引先との別れ際の挨拶のときに、人の本音が出やすいものである。

特にビジネスの場 であれば社交辞令であることが多いのだが、たとえば取引先との商談で新しい提案をしたときに、相手が終始興味のないような態度をとっていた場合、別れ際で相手が「近いうちに連絡します」と言った場合はどうだろうか。

挨拶するときに手をおなかに置く理由とは?

初対面の人と挨拶を交わす時は、ほとんどの人は相手にいい印象を与えるために、事前準備や身だしなみのチェックをしてから望むだろう。

特にビジネスシーンにおいては、商談などがからんでくるので特に注意が必要だ。

仕事が中途半端な人には、ある言葉の特徴がある。

仕事ができているようでできていない、そんな人を目の当たりにした経験はないだろうか。

そんな人に限って、ある言葉を頻繁に使っている。

それは、「時間がない」という言葉だ。

「時間がない」と聞くと一見忙しそうに思えるが、よく相手の行動を見ていると、無駄が多かったり時間の配分ができていないといった場合がある。

他人の意見をいつも認める人の本心はどうなのか?

人間関係を保つことは、言葉で言う以上に難しく大変なものだ。

人によってさまざまだが、人と話すのが好きな人、嫌いな人それぞれいるのも、もとはと言えば人間関係の影響だろう。

「それから」という言葉を繰り返す人の共通点

周りには、ムードメーカー的存在の人は何人かいるだろう。

常に何かしらの話のネタを持っているだけでなく、交友関係が広く、周りを盛り上げてくれる人。

そんな人は、面白いだけでなく、頭の回転も速く聞き上手、話し上手なのだ。

語尾が曖昧な人は、自己保身が強い傾向がある

会話の語尾が「〜したいと思います」と、「〜したいです」の場合では、ずいぶんと受ける印象が違うことに気付いたことはあるだろうか。

「〜したいと思います」の場合、あくまで「思っている」わけであり、断言していない。

あえて曖昧な表現を使うことで、「する」と見せかけてできなかった場合の自己防衛をしているのである。

話の“ふたつの解釈”

意見の主張がはっきりできる人、できない人、周りにそれぞれいるだろう。

話を始めるとき、「〜というか」で話し始める人は、相手の意見に対して賛成もしくは反対を主張するというより、とりあえず自分の意見を主張しておきたいタイプの人である。

「だから~」と話を強引に展開する人の心理は…?

話をするときに、ムードメーカーな人がいると話が盛り上がるし、何より楽しい。

だが、 話が盛り上がってくると、会話の中心になりたがる人がいる。

人によっては、話を 聞くよりも話すほうが好きという人もいるだろう。

プライドが高い人は、呼びかけに「えっ?」と返すことが多い!?

一回呼んだだけでは反応せず、数回名前を呼ばれてようやく返事をする人がいる。

耳が遠いのかな?と思いたくなるが、この呼びかけに「えっ?」と返事をする人はプライドが高い人が多い。

聞こえているのに聞こえなかったふりをするのは、ただの演出かもしれない。

無神経な性格の人は「相変わらず」をよく使う?

友達や知人と久しぶりに再会したときは、「久しぶり」「元気だった?」から話が 始まるのがふつうだが、相手の近況も聞かずに「相変わらずだね」などと言う人がいる。

何も聞かずに最初に「相変わらず」と決めつける人は、無意識に言っている場合もあるが、 たいていはその人の見た目だけを見て言っている。

もしくは、人の気持ちを考えない 無神経な人だろう。


スポンサーリンク

褒めたり おだてられたりして嫌になる人はいない。

その心理をうまく使って部下を動かそうとする上司も いるので要注意だ。

たとえば上司から仕事を頼まれた場合、どう考えても自分一人でできないような仕事を任されたとする。

自ら無理だと言って断ったが、上司が「君を信頼しているから」と言うと断りずらくなるし、上司も後を引かず結局仕事を引き受けてしまい、案の定失敗してしまったということになる。

上司からすれば他人事であり、「この人なら大丈夫だろう」と軽く考えている場合がある。

それなのに失敗したときは「信頼していたのに裏切られた」となるわけだ。

物事がすべて自分の思うようにいかないと、一転して態度が変わるだろう。

もし仕事を頼まれたときに「信頼しているから」などと 言われた場合は、その言葉の裏に潜む意味を思い出してほしい。

スポンサーリンク

 - 何気ない一言