意見が食い違ったときに揉めずに済ませるワザ

そのときに注意したいポイントがある。

それは、本題に入る前の雑談からこれを実行することだ。

相手と会ってすぐに交渉や商談をすることはほとんどない。

まずは世間話などから入るわけだが、「山田さんがおっしゃる通り、今年はまだまだ景気が回復しそうにないですね」とか、「以前山田さんからアドバイスをしていただいたとおり…」などと言って、相手に賛同の意を示して、意見が一致していることを表明すればいい。

このときに相手の名前も一緒に言うことで、相手も自分のことを認められたような気がして気分がいいだろう。

二つ目のポイントは、前述したように相手の名前を言うことである。

名前を呼ばれることによって、無意識のうちに連帯感を感じる。

そこでお互いの意見が一致すれば、相手はこちらを信頼するだろう。

そうなれば、多少の意見の違いがあったとしても、大きく揉めることなくスムーズに交渉ができるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク