相手と親しくなるための相槌の方法とは?

誰だって、自分の話を聞いてもらえるとうれしいが、この時に相手が関心を持って聞いてくれていると分かると、気持ちよく話を続けることができるだろう。

その時に、「うん、うん」とただ相槌を打つよりは、うなずいたり関心したりされたほうが、満足度が上がるし、好印象だろう。

相手はあなたにまた会いたい、もっと話をしたいと思うだろう。

しかし、逆に敬遠されてしまうのが、否定的な言葉を使われた時だ。

自分が気持ちよく話をしているのに「でも」「それは…」などと自分の話を否定されてしまえば、あまりいい気分にはならないだろうし、話したくなくなるだろう。

なので、最初のうちは「でも」と言いたくなっても言ってわずに、そこはぐっと我慢して相手の話を聞いてあげるといい。

まずは警戒心を解いて相手との距離を縮めることが重要であり、それが相手と親しくなるための近道なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク