心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

相手と親しくなるための相槌の方法とは?

話し上手は聞き上手とはよく言われる言葉だ。

相手と親しくなるには、まずは相手の話を聞くことが大切だ。

その時に注意したいのが、表情よりも、適度に相槌を打つことだ。

スポンサーリンク

  関連記事

「ちょっとご相談が…」で他人を動かすことができる

自分の思い通りに動いてもらいたいと思ったとき、部下ならまだしも、目上の人やプライドが高い人であればそれは至難のワザである。

しかし、そんな人を動かすことができる方法がある。

重要な取引先との交渉中に使いたい言葉の「切り札」

取引先と何か大きな契約を結ぶときに、相手に安心感を与え、この人と一緒に仕事をしたいと思わせることが大切であるが、そう思わせるためのとっておきの言葉がある。

それは、「運命共同体」という言葉を使うことである。

周囲の評価が高い人は、自分の見せ方・隠し方がうまい

あなたが仕事で成功した時に、ここぞとばかりに自分の手柄をアピールしてはいないだろうか。

もちろん成功するのはいいことだが、この自慢げな態度は周囲から反感を買ってしまうことがある。

大きなお願いをする前に「小さなお願い」をすると効果的

誰かに面倒なお願いをしようと思ったとき、それをどう切り出すか悩むだろう。

ストレートに頼んでも断られるのが目に見えていればなおさらだ。

応えにくい質問をされたらときの切り返し方

誰かに意見を求められたときに、中立の立場でありたいというとき、あなたならどう対応するだろうか。

どちらの立場にもならないために「わかりません」と答えたり、黙り込んだりする人がいるが、それでは逆に相手に不信感を抱かせてしまうことがある。

「全員一致」の会議にはある心理が働いている

会議というと、「誰もが自分の意見を発言する場」というのが建前である。

ある程度の人数で集まり、その中である議題について話し合い、いろんな人の意見が飛び交う。

気持ちとは反対の行動をとってしまう理由は?

職場や飲み会などで、必要以上に自分のことをアピールしている同僚や上司はいないだろうか。

こういう人たちは、自分の過去や自慢話などの武勇伝をひたすら語ることが多いが、これを真に受けてはいけない。

後悔しやすい人ほど説得されやすいワケ

誰かを説得するときに、何かにつけて後悔しやすい人や、過ぎたことをいつまでも引きずる人がいる。

じつは、こういう人のほうが説き伏せやすいのだ。

相手に興味を持たせるには「体験談」がカギを握る

何事も、漠然とした話より具体的な話のほうが興味を引くものだ。

前述のように、数字も大切であるが、誰かを説得するときには「体験談」を話すと効果的なのだ。

相手に“凄みのある人”と思わせるワザ

世間で大物と言われる人物には近視の人が多いことを知っているだろうか。

近視の人が遠くのものを見ようとするときに目を細めてものを見るが、じつはこれが大物らしさを出していることがある。


スポンサーリンク

誰だって、自分の話を聞いてもらえるとうれしいが、この時に相手が関心を持って聞いてくれていると分かると、気持ちよく話を続けることができるだろう。

その時に、「うん、うん」とただ相槌を打つよりは、うなずいたり関心したりされたほうが、満足度が上がるし、好印象だろう。

相手はあなたにまた会いたい、もっと話をしたいと思うだろう。

しかし、逆に敬遠されてしまうのが、否定的な言葉を使われた時だ。

自分が気持ちよく話をしているのに「でも」「それは…」などと自分の話を否定されてしまえば、あまりいい気分にはならないだろうし、話したくなくなるだろう。

なので、最初のうちは「でも」と言いたくなっても言ってわずに、そこはぐっと我慢して相手の話を聞いてあげるといい。

まずは警戒心を解いて相手との距離を縮めることが重要であり、それが相手と親しくなるための近道なのだ。

スポンサーリンク

 - 心理戦術