好意の度合いは一緒に歩いたときのしぐさで分かる

たとえば、彼女の歩幅に合わせようとせず、後ろも見ずにどんどん先に言ってしまう人は、彼女に興味があるというよりは行き先のほうに興味を持っていかれている証拠であり、それほど恋愛感情を抱いていないこともある。

また、これは男女共にいえるのだが、人込みを歩いていて前から人がきたときに、相手に寄り添って同じ方向に避けるか、または一度離れて二人の間を通そうとするかによって相手の気持ちはわかる。

ふたりとも同じ方向に避けた場合はお互いに交換を抱いているとみて間違いないが、もし一度離れて間を通そうとした場合は、すでに気持ちが冷めてしまっているかもしれない。

相手の気持ちは意外なところに表れているものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク