心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

靴を半分ぬいで足をぶらぶらさせている女性には気を付けよう

誰もが一度は読んだことがある『シンデレラ』という童話は、王子様がガラスの靴にぴったり合う娘を探し出し、最後はハッピーエンドとなる物語だが、この話には「性の愛称」を暗に示しているという説もあるのだ。

なぜなら、心理学的には靴は性の象徴といわれており、確かに靴の履き方にはその人の性格が表れる。

スポンサーリンク

  関連記事

好意を抱く異性と付き合うためのワザ

人間には、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感がある。

そのうち視覚や聴覚などの情報は、ほかの人と同じように共有することができる。

手で唇を隠すしぐさをする女性の気持ちは?

デートの最中に、女性のほうから「今夜はOKよ」の合図を出しても、男性はなかなか気づかないだろう。

気づかないどころか、デートのたびに「今日は誘っても大丈夫かな」と考え、悩む男性も多いだろう。

小首を傾げて話を聞いていたら、興味を持っているサイン

女性は男性よりも巧妙にうなずいて見せたり、話の途中に相槌を入れるのがうまい。

だからといって話を真剣に聞いて納得しているのかというと、じつはそうでもないことが多いのだ。

落ち込んでいる男性の心をつかむ方法

仕事でミスをして落ち込んでいる人に、軽く肩をたたいて励ますことがある。

これは、落ち込んでいるときに一番効果的なスキンシップで、下手にあれこれ聞かれるよりもこのような軽いスキンシップのほうが、気持ちが落ち着きやすいのである。

デート中に「面白いことない?」は禁句

デートの最中に相手が「何か面白いことない?」と聞いてきたら、残念ながら2人の関係はあまり長く続かないか、恋愛関係が終わるかもしれないサインだ。

言っている本人は特に気にせず言っているかもしれないが、デート中に「面白いことない?」と聞くということは、そのデートの時間がつまらないという意味になる。

頬杖をついている女性の心理状態とは?

デートの最中に彼女が頬杖をついているのを見て、退屈していると思ったことはないだろうか。

そこで慌てて会話を盛り上げようとしているなら要注意だ。

相手の耳を見れば、ウソは見破れる!

彼女が浮気をしたことを問い詰めても、証拠がなければしらないふりをして口を開かないだろう。

確信はあってもうまくかわされてしまって話にならない。

「ダメな人」の演出、じつは効果的だった!?

女心をつかみたいと思ったとき、男性はつい「デキる人」「男らしくて頼れる人」を演じようとするが、たまにはダメな男性を演じてみると効果的だ。

もちろん日ごろから常にダメ男では話にならないが、普段は頼れる男性が、ふと見せる弱音や落ち込んでいる姿こそ女心をくすぐるのだ。

会ってすぐに服を褒める人の心理

待ち合わせをしていた彼女と会ったときに、男性から「今日のそのどうしたの?」とか「可愛いね!とても似合ってるよ」とコーディネートを褒めてくれたら、彼女としては嬉しいだろう。

だが彼がそう言ったときは、じつはあまりデートに乗り気でないことがあるかもしれない。

足先の微妙な向きで、女性の気持ちが分かる

合コンと言えば、男女が複数人で集まって盛り上がる場だが、その参加者の心の中では誰が誰を狙っているか、常に神経を張り巡らせてお互いに腹の探り合いをしているのだ。

合コンに参加した人なら誰しも経験したことかもしれないが、じつはそんなことをしなくても、誰が誰に行為を抱いているかを簡単に見抜く方法がある。


スポンサーリンク

たとえば、いつもピカピカに磨いた靴を履いている人は、常識的な貞操観念の持ち主に多い。

浮気をするようなタイプでもないので、安心して付き合うことができるだろう。

逆に、ブランドものの靴を履いているのに汚れや傷を気にしなかったり、かかとを踏みつけて履いている人がいたら要注意だ。

足元のだらしなさは性格にも表れるのである。

ちなみに、足を組んで上になったほうの靴を半分脱いで足をぶらぶらさせている人がいるが、このような動作をしている人ははっきりいって貞操観念が低いだろう。

玄関で自分が脱いだ靴はそのままほったらかして片付けないタイプも同じである。

このような癖がある人はすぐにでも直したほうがいい。

スポンサーリンク

 - 男女の心理戦