心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

相手の耳を見れば、ウソは見破れる!

彼女が浮気をしたことを問い詰めても、証拠がなければしらないふりをして口を開かないだろう。

確信はあってもうまくかわされてしまって話にならない。

スポンサーリンク

  関連記事

頭のてっぺんをさわる女性の心理状態とは?

恋人と一緒に過ごしているときに、彼女が頭のてっぺんあたりを触っていたら、それは男性に甘えたいと思っているサインだ。

これは、女性が寂しい時に髪の毛を触ったり腕を組んだりする「自己親密行動」の一種で、小さい頃「かわいいね」とか「いい子だね」と頭を撫でられたのを思い出して、不安な気持ちを解消させようとして自分の頭を無意識に撫でているのだ。

意味もなく見つめる女と、なぜか勘違いしてしまう男

女性に見つめられると、男性は悪い気がしないものだ。

それも、自分のタイプの女性だったり、ひそかに好意を抱いている女性だったら「もしかして気があるのかも…」と勝手に妄想を膨らませてしまうだろう。

好意を抱く異性と付き合うためのワザ

人間には、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感がある。

そのうち視覚や聴覚などの情報は、ほかの人と同じように共有することができる。

相手の瞳を見れば、好意の度合いがわかる

目はその人の感情が表れやすい部分だが、笑っているときや怒っているときなどの顔の表情に目がいっても、瞳まで注意してみている人はほとんどいないだろう。

知っていると思うが、瞳孔は光の加減によって大きさが変わる。

しきりに自分の髪を触る女性の本音とは?

暇さえあれば、髪の毛を指にくるくると巻き付けたり枝毛をチェックしたりと、女性は自分の髪に触れることが多い。

だが、彼女と一緒に居酒屋などに行ったときにそれをみて「髪を撫でてほしいのかな」と勘違いしてはいけない。

デート中に「面白いことない?」は禁句

デートの最中に相手が「何か面白いことない?」と聞いてきたら、残念ながら2人の関係はあまり長く続かないか、恋愛関係が終わるかもしれないサインだ。

言っている本人は特に気にせず言っているかもしれないが、デート中に「面白いことない?」と聞くということは、そのデートの時間がつまらないという意味になる。

足先の微妙な向きで、女性の気持ちが分かる

合コンと言えば、男女が複数人で集まって盛り上がる場だが、その参加者の心の中では誰が誰を狙っているか、常に神経を張り巡らせてお互いに腹の探り合いをしているのだ。

合コンに参加した人なら誰しも経験したことかもしれないが、じつはそんなことをしなくても、誰が誰に行為を抱いているかを簡単に見抜く方法がある。

好意の度合いは一緒に歩いたときのしぐさで分かる

デートで街中を歩いているとき、女性からすれば男性に常にリードしてもらいたいと思うものだが、車が行きかう道路側を女性に歩かせたり、自分だけ先に歩いて行ってしまえば一気気持ちが冷めてしまうだろう。

それを「彼は鈍感だから」と擁護していては考えが甘いと言われても仕方がないだろう。

「ダメな人」の演出、じつは効果的だった!?

女心をつかみたいと思ったとき、男性はつい「デキる人」「男らしくて頼れる人」を演じようとするが、たまにはダメな男性を演じてみると効果的だ。

もちろん日ごろから常にダメ男では話にならないが、普段は頼れる男性が、ふと見せる弱音や落ち込んでいる姿こそ女心をくすぐるのだ。

相手の本音を聞くには「タッチング」が効果的

付き合い始めた当初は頻繁にやり取りすることが多いが、期間が長くなるにつれて返事が減ってきたり、会う回数が少なくなるのはよくあることだが、そうすると相手からの連絡が少し遅くなっただけで、「もしかしたら浮気してる?」と疑ってしまうことがある。

浮気をしたという証拠はないけれど、「もしかしたら他に好きな人ができたのかもしれない」と思ったら、まずは相手の肩に軽く触れながら問いかけてみるといい。


スポンサーリンク

こんなとき、「浮気をしてないっていうのはウソだろう?」とストレートに聞いてみてほしい。

その質問に対して何かしらの返事は返すかもしれないが、このときに彼女の耳をチェックしてみてほしい。

もしこの質問をしたときに耳が赤くなっていれば、浮気をしている可能性が高いだろう。

相手の本心を見抜くには表情を見るのが一番だが、女性はウソを隠すのがうまいので、なかなか本音を表情に出すことはない。

しかし、心の動揺は体のどこかに必ず表れるので、耳や瞳といった場所に出ている可能性が高い。

人間は顔よりも耳のほうが赤くなりやすく、どんなに平然を装った表情をしていても耳が赤くことは防ぎようがないのだ。

ちなみにこれは、逆の立場になったときはいくらシラを切っても耳の変化は防ぎようがないので、ばれる前に白旗を上げたほうがいい。

もっとも、浮気はしないに越したことがないので、くれぐれもご注意を。

スポンサーリンク

 - 男女の心理戦