タバコの本数と相手の心理状態には意外な関係がある

いつもより多く吸っていたら、それは不機嫌な証拠である。

タバコを吸う人は、ストレスや不安、緊張などを受けると、無意識のうちにタバコを吸ってリラックスしようとするからだ。

いわばタバコの本数はその人の紀伊持ちのバロメーターといえる。

次から次に吸っていたら、かなりイライラしているだろう。

もしこのときに「タバコを吸いすぎると健康に悪いよ」なんて言うと、恋人の怒りが爆発してしまい喧嘩になるのがオチだ。

もし恋人の喫煙本数が多いと感じたら、そっとしておくかデートに誘ってストレスを発散させてあげるといい。

もし、機嫌を損ねた原因が自分にあるならば、「さっきはごめんね」と謝れば相手の怒りも収まり、タバコの本数も減るに違いない。

タバコを吸う本数が減ったら、機嫌が直った証拠だろう。

タバコを吸いすぎると健康に良くないのは確かだが、それを防ぐにはストレスを発散させてあげるのが一番だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク