相手の瞳を見れば、好意の度合いがわかる

明るい所では小さくなり、暗い所では大きく広がる。

瞳孔の大きさを変えることで、光を取り入れる量を調節しているわけだ。

だが瞳孔の大きさは光だけでなく、その時の心理状態によっても変わってくる。

アメリカの心理学者ヘスの実験によると、男性の場合は女性のヌード写真を見たときに、女性の場合は男性の裸や赤ちゃんを抱いた母親の写真を見たときに瞳孔が広がったという。

つまり、興味や関心があるものを見たときにも瞳孔は開くのだ。

ということは、相手の目をよく観察していれば、相手が何に対して関心を持っているかがわかるだろう。

もしあなたを見つめる彼女の瞳が大きくなっていたら、あなたに対して好意を持っているサインかもしれない。

それと同時に、眉が上がったり目を大きく開いたりする動作も同じように好意を持っているとみていい。

顔の表情に出ていなくても、瞳に本音が表れているのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク