「ダメな人」の演出、じつは効果的だった!?

いつもは次々に仕事をこなし相談にも乗ってくれる男性が、ふと「この間の商談に失敗しちゃって…」と愚痴をこぼしたり、「仕事が終わって疲れて帰っても、誰もいないと寂しい」などと弱々しい一面を見せると、女性はギャップに驚くと同時に、「私には本音を話してくれる」「頼りにされている」と感じて、その男性のことを強く意識するだろう。

相手が普段とは違う部分を見せ、しかも精神的に頼りにしてくれているということが女性のプライドを満足させるのだ。

だが、これは日ごろ見せない弱さやダメな姿だからこそ効果があるので、ずっと同じようなことをしていると本当に情けない男になってしまうので注意してほしい。

女性に頼りすぎないようにほどほどにしておこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク