心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

「ダメな人」の演出、じつは効果的だった!?

女心をつかみたいと思ったとき、男性はつい「デキる人」「男らしくて頼れる人」を演じようとするが、たまにはダメな男性を演じてみると効果的だ。

もちろん日ごろから常にダメ男では話にならないが、普段は頼れる男性が、ふと見せる弱音や落ち込んでいる姿こそ女心をくすぐるのだ。

スポンサーリンク

  関連記事

好意を抱く異性と付き合うためのワザ

人間には、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感がある。

そのうち視覚や聴覚などの情報は、ほかの人と同じように共有することができる。

意味もなく見つめる女と、なぜか勘違いしてしまう男

女性に見つめられると、男性は悪い気がしないものだ。

それも、自分のタイプの女性だったり、ひそかに好意を抱いている女性だったら「もしかして気があるのかも…」と勝手に妄想を膨らませてしまうだろう。

すぐに料理を注文する女性は落としにくい!?

女性と2人でレストランや居酒屋に行ったときに、メニューを見て迷わずすぐに注文する女性は落としにくいだろう。

なぜなら、相手を意識しているなら一緒にメニューを選んだりする楽しみがあるし、注文するときにいろいろと気を遣うからだ。

相手の手をさりげなく握る瞬間は?

まだあまり有名ではない新人のアイドルや、選挙の候補者が街頭演説をするときは、笑顔でファンや支持者に向けてあいさつしたり手を振ったり、握手をしているのはよく見る光景だが、心理学的にはもっとも理にかなったお願いの仕方だといえる。

人に何かを頼むときや、叶えてほしいお願いがあるときは、意識的に相手に触れてコミュニケーションをとろうとする。

小首を傾げて話を聞いていたら、興味を持っているサイン

女性は男性よりも巧妙にうなずいて見せたり、話の途中に相槌を入れるのがうまい。

だからといって話を真剣に聞いて納得しているのかというと、じつはそうでもないことが多いのだ。

自分と同じしぐさをするのは好意のサイン

テーブルを挟んで向き合って座っているカップルがいる。

そのカップルの会話が盛り上がっているのを見ていると、無意識に同じ動作をしていることがある。

デート中に「面白いことない?」は禁句

デートの最中に相手が「何か面白いことない?」と聞いてきたら、残念ながら2人の関係はあまり長く続かないか、恋愛関係が終わるかもしれないサインだ。

言っている本人は特に気にせず言っているかもしれないが、デート中に「面白いことない?」と聞くということは、そのデートの時間がつまらないという意味になる。

会ってすぐに服を褒める人の心理

待ち合わせをしていた彼女と会ったときに、男性から「今日のそのどうしたの?」とか「可愛いね!とても似合ってるよ」とコーディネートを褒めてくれたら、彼女としては嬉しいだろう。

だが彼がそう言ったときは、じつはあまりデートに乗り気でないことがあるかもしれない。

タバコの本数と相手の心理状態には意外な関係がある

恋人が喫煙者であるならば、吸ったタバコの本数を数えてみるといい。

何気なく吸っているこのタバコだが、これを見ることで恋人の機嫌を把握することができるのだ。

頭のてっぺんをさわる女性の心理状態とは?

恋人と一緒に過ごしているときに、彼女が頭のてっぺんあたりを触っていたら、それは男性に甘えたいと思っているサインだ。

これは、女性が寂しい時に髪の毛を触ったり腕を組んだりする「自己親密行動」の一種で、小さい頃「かわいいね」とか「いい子だね」と頭を撫でられたのを思い出して、不安な気持ちを解消させようとして自分の頭を無意識に撫でているのだ。


スポンサーリンク

いつもは次々に仕事をこなし相談にも乗ってくれる男性が、ふと「この間の商談に失敗しちゃって…」と愚痴をこぼしたり、「仕事が終わって疲れて帰っても、誰もいないと寂しい」などと弱々しい一面を見せると、女性はギャップに驚くと同時に、「私には本音を話してくれる」「頼りにされている」と感じて、その男性のことを強く意識するだろう。

相手が普段とは違う部分を見せ、しかも精神的に頼りにしてくれているということが女性のプライドを満足させるのだ。

だが、これは日ごろ見せない弱さやダメな姿だからこそ効果があるので、ずっと同じようなことをしていると本当に情けない男になってしまうので注意してほしい。

女性に頼りすぎないようにほどほどにしておこう。

スポンサーリンク

 - 男女の心理戦