心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

足先の微妙な向きで、女性の気持ちが分かる

合コンと言えば、男女が複数人で集まって盛り上がる場だが、その参加者の心の中では誰が誰を狙っているか、常に神経を張り巡らせてお互いに腹の探り合いをしているのだ。

合コンに参加した人なら誰しも経験したことかもしれないが、じつはそんなことをしなくても、誰が誰に行為を抱いているかを簡単に見抜く方法がある。

スポンサーリンク

  関連記事

女性と仲良くなるために欠かせないデートスポット

定番のデートと言えば遊園地でのデートだが、相手の女性ともっと親密になりたいときは、お化け屋敷が絶好のアトラクションだ。

なぜなら、人が恐怖や不安にさらされたときに、無意識に誰かを頼りたいと感じたり、誰かと一緒にいたいという気持ちになる。

自分と同じしぐさをするのは好意のサイン

テーブルを挟んで向き合って座っているカップルがいる。

そのカップルの会話が盛り上がっているのを見ていると、無意識に同じ動作をしていることがある。

「ダメな人」の演出、じつは効果的だった!?

女心をつかみたいと思ったとき、男性はつい「デキる人」「男らしくて頼れる人」を演じようとするが、たまにはダメな男性を演じてみると効果的だ。

もちろん日ごろから常にダメ男では話にならないが、普段は頼れる男性が、ふと見せる弱音や落ち込んでいる姿こそ女心をくすぐるのだ。

デート中に「面白いことない?」は禁句

デートの最中に相手が「何か面白いことない?」と聞いてきたら、残念ながら2人の関係はあまり長く続かないか、恋愛関係が終わるかもしれないサインだ。

言っている本人は特に気にせず言っているかもしれないが、デート中に「面白いことない?」と聞くということは、そのデートの時間がつまらないという意味になる。

合コンで気になる人を見つけたときはどこに座るべき?

合コンで気に入った人を見つけときは、誰でもその人の近くに座って話をしたいと思うだろう。

そのときに、どこの席をとるかによって恋の行方を左右するだろう。

相手の手をさりげなく握る瞬間は?

まだあまり有名ではない新人のアイドルや、選挙の候補者が街頭演説をするときは、笑顔でファンや支持者に向けてあいさつしたり手を振ったり、握手をしているのはよく見る光景だが、心理学的にはもっとも理にかなったお願いの仕方だといえる。

人に何かを頼むときや、叶えてほしいお願いがあるときは、意識的に相手に触れてコミュニケーションをとろうとする。

好意の度合いは一緒に歩いたときのしぐさで分かる

デートで街中を歩いているとき、女性からすれば男性に常にリードしてもらいたいと思うものだが、車が行きかう道路側を女性に歩かせたり、自分だけ先に歩いて行ってしまえば一気気持ちが冷めてしまうだろう。

それを「彼は鈍感だから」と擁護していては考えが甘いと言われても仕方がないだろう。

手で唇を隠すしぐさをする女性の気持ちは?

デートの最中に、女性のほうから「今夜はOKよ」の合図を出しても、男性はなかなか気づかないだろう。

気づかないどころか、デートのたびに「今日は誘っても大丈夫かな」と考え、悩む男性も多いだろう。

相手の本音を聞くには「タッチング」が効果的

付き合い始めた当初は頻繁にやり取りすることが多いが、期間が長くなるにつれて返事が減ってきたり、会う回数が少なくなるのはよくあることだが、そうすると相手からの連絡が少し遅くなっただけで、「もしかしたら浮気してる?」と疑ってしまうことがある。

浮気をしたという証拠はないけれど、「もしかしたら他に好きな人ができたのかもしれない」と思ったら、まずは相手の肩に軽く触れながら問いかけてみるといい。

相手の耳を見れば、ウソは見破れる!

彼女が浮気をしたことを問い詰めても、証拠がなければしらないふりをして口を開かないだろう。

確信はあってもうまくかわされてしまって話にならない。


スポンサーリンク

それは、テーブルの下に隠れている参加者のつま先を見ることだ。

いくら話や表情でごまかせても、身体のどこかしらに人の気持ちというのは表れるというが、それがつま先であり、自然と好意を抱いている人のほうにその人のつま先が向いてしまうのだ。

例えば、気になる女性が右隣の男性と楽しそうに話をしていても、足先が左隣の自分のほうに向いていたら、本心は自分と話をしたいと思っているだろう。

ただ、合コンの場である以上お愛想で話に付き合うことも必要なので、必然的にそうなってしまうので、チャンスを見計らって話かければこちらを振り向いてくれるはずだ。

逆に、顔がこちらを向いていても、足先が違う男性のほうに向いていれば、女性はあなたにあまり好意をもっていない可能性があるので、そんなときは席替えをして次のターゲットに移った方がいいだろう。

スポンサーリンク

 - 男女の心理戦