好意を抱く異性と付き合うためのワザ

たとえば、2人が同じものに視線を向けたとすると、目で見るものはほぼ同じである。

これは、音や声に関しても同様のことが言える。

ところが、味覚だけは同じではない。

2人が一緒のものを食べても、人によって味の受け止め方や感じ方がまったく異なるのだ。

それだけに、2人が同じものを食べて「おいしい」と思えるかどうかは、その2人の食に対する感じ方や、心から共感しあっているかどうかと大きく関わっている。

2人で食事に行って同じ料理を食べたときに、「おいしい」と共感できる人同士ならば、ほかのことでも共感できるチャンスがあるかもしれない。

つまり、味覚が似ている人同士であれば、食事以外のことをしていても一緒にいるだけで楽しいし、居心地がいいと感じるわけだ。

もし気になる異性と食事をする機会があれば、ぜひ同じ料理を頼んでみるといい。

その時に2人が同じように「おいしい」と思えたら、きっと気が合う同士だろう。

もっと親しくなれるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク