心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

デキる営業マンは声のトーンの使い分けをしている!?

話をするときに、相手の目を見て話せない人は信用できないといわれる。

たしかに、相手を恐れているときや、心にやましいことがあるとつい相手から目をそらしたくなるだろう。

スポンサーリンク

  関連記事

「未完の話」が相手の心に残る理由

取引先の担当者がかなり忙しい人であれば、どんなに一生懸命に話をしてもその内容すら覚えてもらえないことだってある。

こういうときに、自分の提案を相手の記憶の片隅に留めてもらうにはどうすればいいだろうか。

話題に困らないための「て・き・ど・に」の法則

取引先の人と仕事の打ち合わせで会うときは、ビジネスの会話だけすればいいというわけではない。

会った直後は世間話でもして、お互いの緊張をほぐしたり場を和ませることが大切だ。

時間厳守の待ち合わせをするなら区切りのいい時間は禁物!?

買い物をしていて、物の値段が端数であることはよくある。

10000円という区切りのいい数字ではなく、9980円などの中途半端な価格のことだ。

「本音と建て前」は、ズバリ手の動きで分かる!

話の途中に、自分の頭の後ろや首に手をやったり、頭をかいたりしてしまった経験はないだろうか。

これは小さいミスをして恥ずかしいと感じたときや、褒められて照れたときなどに無意識のうちにしてしまう行動である。

話を聞いているときに小物をいじるのは何かのサイン

その場の空気を読むことは、仕事をするときに大切なポイントである。

周囲の状況を読みとって臨機応変に対処できてこそデキるビジネスパーソンと言えるだろう。

良い商品だと感じてもらえる演出とは?

商談をまとめたいときは、相手の心理をうまく刺激して、その商品に対していいイメージを持たせることが大切だ。

なぜなら、人は何かを欲しいと思ったときに、単にそのモノが欲しいというよりも、そのモノを手に入れるとどうなるのかを想像する。

相手を断れなくさせるには「レッテル」を貼ると効果的

自分の願い事を相手に聞いてもらいやすくするには、相手のことを「こういう人だ」とレッテルを貼ると効果的である。

なぜなら「真面目そう」だとか「優しそう」などと、一度レッテルを貼られると、それに沿った行動をとるようになるからだ。

あえて怖い顔をすることで、思い通りにコトを進める凄ワザ

上司から「今日中に企画書を提出してくれ」と言われたとき、あなたはどう思うだろうか。

もし優しそうな顔で言われたら「明日になっても大丈夫」かもしれないと思うかもしれないが、今にも怒りそうな顔をしながら言われたらすぐにでも取りかかるだろう。

仕事を1日早く仕上げるだけで自分をアピールできる!?

上司にさりげなく自分をアピールしたいときは、頼まれた仕事を予定より1日早く終わらせるといい。

たとえば、「この書類5月30日で仕上げてほしい」と依頼されたら、1日早い5月29日に書類を提出できるようにスケジュールを組むのだ。

相手が不機嫌だからといって、必ずしも嫌われているとは限らない

よく「付き合い始めたころの彼女はいつもニコニコしていたのに、最近はあからさまに不機嫌な顔をされるんだよな〜」なんて思った男性は少なくないだろう。

確かに付き合い始めと比べると彼女の態度は変化するかもしれないが、これを拒絶のサインだと受け取ってはいけない。


スポンサーリンク

しかし、相手の目をずっと見つめて話せばいいというわけでもない。

基本的に、相手の顔を10秒以上見つめないほうがいいと言われている。

それを知らずに、目を見ながら話せばいいと思いこんで強引に押してしまうと相手は引いてしまい、逆効果だ。

  それがベテランの営業マンになると、大事なときには相手との目線を意図的にそらす。

そうしてから、伏し目がちになって囁きながら攻めるのだ。

たとえば話が終盤に入ったときに、合わせていた目をちょっとだけ伏せて「じつは…私も使ってるんです」とか「決算期なのでなんとか売り上げを上げたいものですから…」などと、ひとり言のように言ってみる。

こう言われると、たしかに引きつけられるものがあるだろう。

ただし、これは詐欺師も使う手口なので、むやみやたらに使うものではない。

誠実さが伝わらないと逆効果になってしまうので注意が必要だ。

スポンサーリンク

 - 仕草と癖