心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

声の出し方ひとつで客の怒りは収まる

クレームをつけている客が怒り狂っているときは、たとえこちらが正しいことを主張しても無意味な場合が多い。

そんなときは、低く落ち着いたトーンの声で対応すると相手の怒りが徐々に収まってくる。

スポンサーリンク

  関連記事

相手に誠実さを伝えるには、軽くアゴに手を当てると効果的

交渉中の相手に誠実さをアピールしたいときには、どうすればいいだろうか。

じつは、返事をする時にアゴに手を当てて一瞬間をおいてから返事をすると効果的なのだ。

相手が不機嫌だからといって、必ずしも嫌われているとは限らない

よく「付き合い始めたころの彼女はいつもニコニコしていたのに、最近はあからさまに不機嫌な顔をされるんだよな〜」なんて思った男性は少なくないだろう。

確かに付き合い始めと比べると彼女の態度は変化するかもしれないが、これを拒絶のサインだと受け取ってはいけない。

相手を断れなくさせるには「レッテル」を貼ると効果的

自分の願い事を相手に聞いてもらいやすくするには、相手のことを「こういう人だ」とレッテルを貼ると効果的である。

なぜなら「真面目そう」だとか「優しそう」などと、一度レッテルを貼られると、それに沿った行動をとるようになるからだ。

理不尽な支持を回避するコツ

仕事をしていると、人間関係の問題は常に付きまとってくる。

ときには嫌いな上司の下で働かなければならないこともあるが、いくら上司の命令には従わなくてはいけないと思っていても、やりきれないようなことを言われることがある。

話を聞いているときに小物をいじるのは何かのサイン

その場の空気を読むことは、仕事をするときに大切なポイントである。

周囲の状況を読みとって臨機応変に対処できてこそデキるビジネスパーソンと言えるだろう。

腕組みする上司が考えていることとは?

ひとことで「腕組み」と言っても、その腕組みにはさまざまな意味がある。

たとえば、ぼんやりと考え事をしていることもあれば、相手と睨み合うときや上からものをいうときなど、普段の生活の中で腕組みをすることはいろいろある。

ネクタイの演出ひとつでフレンドリーな気分にさせる方法

ネクタイを緩めるのは、自分自身がリラックスしたいという気持ちの表れだが、一緒にいる相手に対して「あなたに敵意はありませんよ」「もっと気楽に話しましょう」といった意味も込められている。

そこで、相手をフレンドリーな気持ちに導く方法がある。

企画をサクサク通すためには「捨て駒」がカギを握る

上司やクライアントに企画を提案するときには、ひとつの企画だけでなく、いくつか捨て駒を用意しておくと本命の企画が通りやすいだろう。

もし提案がひとつだけだとほかに選択肢がないので、その企画が良いか悪いかの決断を下すだけになってしまうが、2つ以上の案を出すことによって、まずどちらを選ぶかという選択をする。

電話で話をすると気持ちの誤解が起きるワケ

ビジネスにおいて電話は不可欠である。

携帯電話が普及した現在ではいつでもどこでも電話ができるようになったが、電話をすることでかえって相手の誤解を与えたり勘違いをされることもある。

良い商品だと感じてもらえる演出とは?

商談をまとめたいときは、相手の心理をうまく刺激して、その商品に対していいイメージを持たせることが大切だ。

なぜなら、人は何かを欲しいと思ったときに、単にそのモノが欲しいというよりも、そのモノを手に入れるとどうなるのかを想像する。


スポンサーリンク

これは、人間が相手の声のトーンに自分の声のトーンを無意識に合わせようとする心理作用を応用したもので、興奮状態になっている人に対して動揺し、同じような声のトーンや話の速さで応じてしまうと、相手はさらにエスカレートして手のつけられない状態になりかねない。

そこで、できるだけ低い声で冷静に「なるほど、それは申し訳ありませんでした」と丁寧に対応することで、相手はいつの間にかこちらのペースに乗せられて落ち着きを取り戻すようになるのだ。

一方的に言われて反論したくなるかもしれないが、そこはぐっとこらえて大人の対応をするのが今後のためでもある。

ちなみに、警察などの緊急電話での対応も、動揺して何がなんだかわからなくなっている通報者を落ち着かせるために、できるだけ穏やかに低い声で話すようにしている。

この方法は取引先だけでなく激怒している上司に対しても使える。

仕事で失敗したときは、低い声を出して謝れば説教はそれほど長引かずに済むだろう。

スポンサーリンク

 - 仕草と癖