良い商品だと感じてもらえる演出とは?

そして、自分の生活に必要だと思ったときに手に入れたくなるのだ。

たとえば、モーターショーで美人のキャンペーンガールが新車の説明をしていたとする。

それを見て、購入を検討した人も多いだろう。

これは、ただ車の外観や性能などで判断しただけではなく“美人にモテたい”というオトコの欲求を刺激して商品にいいイメージを持たせて購入に結びつけようとしているわけだ。

「この車に乗れば格好よく見えて、こんな美人を乗せられるかも…と思わせる狙いもある。

なので、実際の商談で取引先があるシステムの導入を検討していたら、ライバル企業を例に出して「○○社も同じようなシステムを導入して急成長した」と言えばいいのだ。

そうすることで、“これを導入したら○○社のようになれるかもしれない”と取引先の心をくすぐることになり、商談の成功率が上がるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク