心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

「昔はよかった…」と過去の話をする上司への対抗法

お酒の席になると、上司がやたら過去の話や、「昔はよかった」などと話すことがある。

これは自分に自信をなくしている証拠だ。

スポンサーリンク

  関連記事

仕事を1日早く仕上げるだけで自分をアピールできる!?

上司にさりげなく自分をアピールしたいときは、頼まれた仕事を予定より1日早く終わらせるといい。

たとえば、「この書類5月30日で仕上げてほしい」と依頼されたら、1日早い5月29日に書類を提出できるようにスケジュールを組むのだ。

交渉を成功させるには、会う時間と会う回数どっちが大事?

頻繁に顔を合わせている相手とは恋に落ちやすいというが、これは心理学で「熟知性の原則」と呼ばれているものである。

同じ人に何度も会っていくうちに、無意識のうちに相手に対する好感度が高まっていくというものだ。

ペン1本で相手の注意をひきつけるワザ

人を説得するときは、相手の目を見て話すのが基本中の基本だ。

だが、プレゼンテーションの資料やパンフレツトを見せながら話すとなると、どうしても視線が下に向いてしまう。

会議に集中しやすくなる環境づくりとは?

ただでさえ楽しいと思えない会議がだらだらと長引けば誰でも嫌になるだろう。

時間がたつにつれて参加者の集中力もなくなり、最終的には結論が出ないこともある。

相手に誠実さを伝えるには、軽くアゴに手を当てると効果的

交渉中の相手に誠実さをアピールしたいときには、どうすればいいだろうか。

じつは、返事をする時にアゴに手を当てて一瞬間をおいてから返事をすると効果的なのだ。

説得力をアップさせる「ミスディレクション」とは

話をしている最中に、顔以外で気にするといえば手の動きだろう。

たしかに、会話をしているときに相手が身振り手振りで説明をしていたり、指をさして「あの置き物が〜」なんて言われると、ほとんどの人がその指さした方向を向いてしまうだろう。

ネームプレート1枚で責任感はアップする

従業員を真面目に働かせようと思ったら、まずは一人ひとりにネームプレートをつけるといい。

特にレストランや営業マン、サービスの窓口など、客と直接やり取りをする職場ではネームプレートを付ける効果は抜群だろう。

先に名刺を出してくる人が思っている願望とは?

日本のビジネスシーンで第一印象を決めるものといえば、あいさつのように行われる名刺交換だ。

初対面の人と会ったらまず名刺を交換する。

交渉に行き詰まったときは、笑顔を見せると効果的

「笑顔には強力なパワーが秘められている。

好印象をアピールできるのはもちろん、相手の警戒心を解いたり、親密感を与えることができる。

腕組みする上司が考えていることとは?

ひとことで「腕組み」と言っても、その腕組みにはさまざまな意味がある。

たとえば、ぼんやりと考え事をしていることもあれば、相手と睨み合うときや上からものをいうときなど、普段の生活の中で腕組みをすることはいろいろある。


スポンサーリンク

おそらくその上司は、以前は仕事が順調だったのに、時代や環境が変わっていくにつれて仕事がうまくいかなくなってしまい「今の自分はダメだ」と思っているのだろう。

なので、自分の過去の栄光ともいえる自分が輝いていた頃の話をして、不安を解消しようとしているのだ。

こういう上司は、仕事のことだけでなく統率力やリーダーシップにも自信を失っている場合が多く、会社での立場が上の人がひとたびその状況に陥ってしまうと、組織全体の士気が下がって、仕事の効率や生産性の低下につながってしまう可能性がある。

だが、いくらがんばっても、それをしっかり受け止めて正しい評価をしてもらえないので、部下としても不満に思う。

この負のスパイラルを防ぐにはどうすればいいのか。

こんなとは、自信を無くしかけている上司を徹底的にヨイショするといい。

上司のいいところを見つけて褒めるのが効果的なのだ。

「部長のおかげで乗りこえられました」「課長の下にいると、仕事に前向きになれます」などと持ち上げることで、上司は自分が必要とされていることや上司としての存在意義を再確認し、自信を回復してくれるだろう。

スポンサーリンク

 - 仕草と癖