「昔はよかった…」と過去の話をする上司への対抗法

おそらくその上司は、以前は仕事が順調だったのに、時代や環境が変わっていくにつれて仕事がうまくいかなくなってしまい「今の自分はダメだ」と思っているのだろう。

なので、自分の過去の栄光ともいえる自分が輝いていた頃の話をして、不安を解消しようとしているのだ。

こういう上司は、仕事のことだけでなく統率力やリーダーシップにも自信を失っている場合が多く、会社での立場が上の人がひとたびその状況に陥ってしまうと、組織全体の士気が下がって、仕事の効率や生産性の低下につながってしまう可能性がある。

だが、いくらがんばっても、それをしっかり受け止めて正しい評価をしてもらえないので、部下としても不満に思う。

この負のスパイラルを防ぐにはどうすればいいのか。

こんなとは、自信を無くしかけている上司を徹底的にヨイショするといい。

上司のいいところを見つけて褒めるのが効果的なのだ。

「部長のおかげで乗りこえられました」「課長の下にいると、仕事に前向きになれます」などと持ち上げることで、上司は自分が必要とされていることや上司としての存在意義を再確認し、自信を回復してくれるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク