心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

電話で話をすると気持ちの誤解が起きるワケ

ビジネスにおいて電話は不可欠である。

携帯電話が普及した現在ではいつでもどこでも電話ができるようになったが、電話をすることでかえって相手の誤解を与えたり勘違いをされることもある。

スポンサーリンク

  関連記事

交渉に行き詰まったときは、笑顔を見せると効果的

「笑顔には強力なパワーが秘められている。

好印象をアピールできるのはもちろん、相手の警戒心を解いたり、親密感を与えることができる。

組織の団結力を格段にアップさせるためのワザ

会社とは組織であるというのは言うまでもない。

まとまりが悪ければ仕事の効率も悪くなるし、それが会社の評価にもつながってくる。

「昔はよかった…」と過去の話をする上司への対抗法

お酒の席になると、上司がやたら過去の話や、「昔はよかった」などと話すことがある。

これは自分に自信をなくしている証拠だ。

手を腰に当てて肘を張る行為にはどういう意味があるのか

コミュニケーションというのは、人と人がお互いに相手の話を聞こうとする姿勢があってこそできるものだ。

自分がどれだけ丁寧に時間をかけて話をしても、相手がそれを聞こうとしなければ話は通じないだろう。

弱気のよきこそオーバーリアクションが効果的!

緊張をすると体が硬くなったり、突然頭が真っ白になった経験は誰にでもあるだろう。

そんな弱気なときに効果的なのが、じつはオーバーアクションなのだ。

フィギュアを自分のデスクに飾る人は責任感が強い人!?

近年の文房具ブームの影響もあり、職場のデスクを自分仕様にしているという人もいるだろう。

なかには自分のデスクにアニメのフィギュアやアイドルの写真を飾っている人もいるだろう。

腕組みする上司が考えていることとは?

ひとことで「腕組み」と言っても、その腕組みにはさまざまな意味がある。

たとえば、ぼんやりと考え事をしていることもあれば、相手と睨み合うときや上からものをいうときなど、普段の生活の中で腕組みをすることはいろいろある。

和やかに会議を進めるには「丸テーブル」が効果的

お互いの意見を交換しながら会議を進めたいときには、長方形のテーブルではなく丸テーブルにするといい。

それは、長方形のテーブルにしてしまうと必然的に議長席が決まってしまうからだ。

手っ取り早くクレームを解決する対抗術

仕事をしていると思わぬところで取引先や上司の怒りを買ってしまうことがある。

こんなときはあまり長引かせず、できるだけ早めに相手の怒りを鎮めることが大事だ。

会議に集中しやすくなる環境づくりとは?

ただでさえ楽しいと思えない会議がだらだらと長引けば誰でも嫌になるだろう。

時間がたつにつれて参加者の集中力もなくなり、最終的には結論が出ないこともある。


スポンサーリンク

自分の気持ちを伝えたはずが、じつはうまく伝わっていなかったといった経験は誰にでもあるはずだ。

人は誰かと話すときに、声のトーンや顔の表情などを使って自分の感情を伝える。

ところが感情には表情で伝わるものと、声で伝わるものとがある。

心理学者のレビットが、感情の伝わり方について実験を行った結果、「喜び」「不快」「怒り」は、表情や身振りで伝わることがわかった。

電話だとその表情を見るのは難しいが、顔が見えなくても声だけで十分に伝わる感情もある。

代表的なのは「恐れ」だ。

声だけで「今この人は恐れている」ということが相手に伝わる。

なので、前向きな話をしようとするときには電話だけで済ませないほうがいいだろう。

「いい話」は相手に直接会って、顔を見ながら話したほうがうまく伝わるのだ。

相手に要件を伝えるだけなら電話でも十分だが、商談や契約をとる場面などといった大事な局面では、面倒でも直接会って話したほうがいいだろう。

スポンサーリンク

 - 仕草と癖