心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

相手を批判する人は何を考えている?

子供の頃に親から「早く寝なさい!」とか「部屋を片付けなさい!」という言葉を嫌というほど言われた経験は誰にもあるだろう。

親としてはけじめのある生活習慣を身に着けさせようと思いしつけをするが、そこで「どうしていつもそうなの!」と大声で怒鳴ってもかえって逆効果なのだ。

スポンサーリンク

  関連記事

交渉を成功させるには、会う時間と会う回数どっちが大事?

頻繁に顔を合わせている相手とは恋に落ちやすいというが、これは心理学で「熟知性の原則」と呼ばれているものである。

同じ人に何度も会っていくうちに、無意識のうちに相手に対する好感度が高まっていくというものだ。

組織の団結力を格段にアップさせるためのワザ

会社とは組織であるというのは言うまでもない。

まとまりが悪ければ仕事の効率も悪くなるし、それが会社の評価にもつながってくる。

フィギュアを自分のデスクに飾る人は責任感が強い人!?

近年の文房具ブームの影響もあり、職場のデスクを自分仕様にしているという人もいるだろう。

なかには自分のデスクにアニメのフィギュアやアイドルの写真を飾っている人もいるだろう。

交渉相手が左側の席をすすめてくるワケ

誰かと同じテーブルに座るときは、向かい合って座る、コーナーを挟んでお互いに斜めになるようにして座る、横に並んで座るなど、話す相手やその場の雰囲気によって変わってくるだろう。

そしてこの中で一番親密さが増すのは横に並ぶ座り方である。

腕組みする上司が考えていることとは?

ひとことで「腕組み」と言っても、その腕組みにはさまざまな意味がある。

たとえば、ぼんやりと考え事をしていることもあれば、相手と睨み合うときや上からものをいうときなど、普段の生活の中で腕組みをすることはいろいろある。

時間厳守の待ち合わせをするなら区切りのいい時間は禁物!?

買い物をしていて、物の値段が端数であることはよくある。

10000円という区切りのいい数字ではなく、9980円などの中途半端な価格のことだ。

「未完の話」が相手の心に残る理由

取引先の担当者がかなり忙しい人であれば、どんなに一生懸命に話をしてもその内容すら覚えてもらえないことだってある。

こういうときに、自分の提案を相手の記憶の片隅に留めてもらうにはどうすればいいだろうか。

ペン1本で相手の注意をひきつけるワザ

人を説得するときは、相手の目を見て話すのが基本中の基本だ。

だが、プレゼンテーションの資料やパンフレツトを見せながら話すとなると、どうしても視線が下に向いてしまう。

会議に集中しやすくなる環境づくりとは?

ただでさえ楽しいと思えない会議がだらだらと長引けば誰でも嫌になるだろう。

時間がたつにつれて参加者の集中力もなくなり、最終的には結論が出ないこともある。

話を聞いているときに小物をいじるのは何かのサイン

その場の空気を読むことは、仕事をするときに大切なポイントである。

周囲の状況を読みとって臨機応変に対処できてこそデキるビジネスパーソンと言えるだろう。


スポンサーリンク

反抗期の子供であれば「放っといてよ」と言い返されるだろう。

そもそもこれでは何をどうしてほしいというのが子供に伝わっておらず、子供もどうして親が怒っているのか理解できない。

それもそのはず、親が大げさに感情を表してもかえって問題の焦点がわからくなってしまうのだ。

これは仕事でも同じで、仕事中に凡ミスを連発してしまった部下に怒鳴りつけて攻撃的な態度を取る上司がいるが、この怒りがヒートアップすると、部下は次第になぜ上司が怒っているのかという話の意図がわからなくなってしまう。

もし自分がこのタイプだと思ったら、すぐに怒鳴らずに「間違いがあったらすぐに対応しないと営業部全体が困るんだ」と具体的に理由を話しながら注意をするようにするといい。

スポンサーリンク

 - 仕草と癖