交渉に行き詰まったときは、笑顔を見せると効果的

もちろん、これはビジネスシーンにおいても威力を発揮する。

たとえば会議や交渉の席で、いくら話し合っても決着がつかないことがあるが、こんなときこそ笑顔が効果的だ。

どうすればいいかというと、「いや〜、降参です」と明るく笑ってみせるといい。

するとそれまでの暗く深刻な雰囲気が一変して、相手の緊張も緩むはずだ。

相手からすれば、自分の主張が認められたと思い、気持ちに余裕が生まれる。

このチャンスを狙って「では、この案ではいかがでしょうか?」と妥協案を提示するのである。

自ら負けを認めたと見せかけたうえでこの笑顔を見ると、あなたに敵意がないことを感じ取った相手は、「まあ、これならいいでしょう」と合意してくれる可能性が高くなる。

これは「あちらが先に折れてくれたんだから、こちらも多少は譲歩しないと…」というバランスを重視する心理が働くからだ。

最初から妥協案を用意していても、すぐには出さずにこのタイミングで出すと効果的だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク