ネクタイの演出ひとつでフレンドリーな気分にさせる方法

一緒にいる部下や後輩と打ち解けたいと思ったときは、まずあなたからネクタイを緩めるといい。

上着を脱いだり、ワイシャツの袖をめくったり、腕時計やメガネなど身に着けているものを外すことで、緊張した堅苦しい雰囲気を変えることができ、ムードを和らげることができるだろう。

これは、取引先の担当者に対しても同じで、たとえ上下の関係でなくても、より良好な関係を築きたいのであれば自分からその意思を行動で示すべきだろう。

だが、いきなりジャケットを脱ぐのは相手に失礼なので、商談がひと段落した後にさりげなく眼鏡を外したり、ジャケットを脱ぐといい。

心配ならば、相手に一言「暑いのでジャケットを脱いでもいいですか?」と聞いてみるといい。

逆に相手を威圧したいときや強気で攻めたいときにこれをすると逆効果だ。

身に着けたものを外すことは、こちらから敗北宣言をしているようなものなので気を付けておくといい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク