心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

ネクタイの演出ひとつでフレンドリーな気分にさせる方法

ネクタイを緩めるのは、自分自身がリラックスしたいという気持ちの表れだが、一緒にいる相手に対して「あなたに敵意はありませんよ」「もっと気楽に話しましょう」といった意味も込められている。

そこで、相手をフレンドリーな気持ちに導く方法がある。

スポンサーリンク

  関連記事

フィギュアを自分のデスクに飾る人は責任感が強い人!?

近年の文房具ブームの影響もあり、職場のデスクを自分仕様にしているという人もいるだろう。

なかには自分のデスクにアニメのフィギュアやアイドルの写真を飾っている人もいるだろう。

手を腰に当てて肘を張る行為にはどういう意味があるのか

コミュニケーションというのは、人と人がお互いに相手の話を聞こうとする姿勢があってこそできるものだ。

自分がどれだけ丁寧に時間をかけて話をしても、相手がそれを聞こうとしなければ話は通じないだろう。

相手を断れなくさせるには「レッテル」を貼ると効果的

自分の願い事を相手に聞いてもらいやすくするには、相手のことを「こういう人だ」とレッテルを貼ると効果的である。

なぜなら「真面目そう」だとか「優しそう」などと、一度レッテルを貼られると、それに沿った行動をとるようになるからだ。

腕組みする上司が考えていることとは?

ひとことで「腕組み」と言っても、その腕組みにはさまざまな意味がある。

たとえば、ぼんやりと考え事をしていることもあれば、相手と睨み合うときや上からものをいうときなど、普段の生活の中で腕組みをすることはいろいろある。

話題に困らないための「て・き・ど・に」の法則

取引先の人と仕事の打ち合わせで会うときは、ビジネスの会話だけすればいいというわけではない。

会った直後は世間話でもして、お互いの緊張をほぐしたり場を和ませることが大切だ。

「未完の話」が相手の心に残る理由

取引先の担当者がかなり忙しい人であれば、どんなに一生懸命に話をしてもその内容すら覚えてもらえないことだってある。

こういうときに、自分の提案を相手の記憶の片隅に留めてもらうにはどうすればいいだろうか。

企画をサクサク通すためには「捨て駒」がカギを握る

上司やクライアントに企画を提案するときには、ひとつの企画だけでなく、いくつか捨て駒を用意しておくと本命の企画が通りやすいだろう。

もし提案がひとつだけだとほかに選択肢がないので、その企画が良いか悪いかの決断を下すだけになってしまうが、2つ以上の案を出すことによって、まずどちらを選ぶかという選択をする。

和やかに会議を進めるには「丸テーブル」が効果的

お互いの意見を交換しながら会議を進めたいときには、長方形のテーブルではなく丸テーブルにするといい。

それは、長方形のテーブルにしてしまうと必然的に議長席が決まってしまうからだ。

電話で話をすると気持ちの誤解が起きるワケ

ビジネスにおいて電話は不可欠である。

携帯電話が普及した現在ではいつでもどこでも電話ができるようになったが、電話をすることでかえって相手の誤解を与えたり勘違いをされることもある。

椅子の座り方で、相手が気を許しているかがわかる!?

相手と椅子に座って話をしているときに、相手の座り方に気付いた人はいるだろうか。

もし、浅く腰掛けていたら、それはあなたに対して気を許していない可能性が高いだろう。


スポンサーリンク

一緒にいる部下や後輩と打ち解けたいと思ったときは、まずあなたからネクタイを緩めるといい。

上着を脱いだり、ワイシャツの袖をめくったり、腕時計やメガネなど身に着けているものを外すことで、緊張した堅苦しい雰囲気を変えることができ、ムードを和らげることができるだろう。

これは、取引先の担当者に対しても同じで、たとえ上下の関係でなくても、より良好な関係を築きたいのであれば自分からその意思を行動で示すべきだろう。

だが、いきなりジャケットを脱ぐのは相手に失礼なので、商談がひと段落した後にさりげなく眼鏡を外したり、ジャケットを脱ぐといい。

心配ならば、相手に一言「暑いのでジャケットを脱いでもいいですか?」と聞いてみるといい。

逆に相手を威圧したいときや強気で攻めたいときにこれをすると逆効果だ。

身に着けたものを外すことは、こちらから敗北宣言をしているようなものなので気を付けておくといい。

スポンサーリンク

 - 仕草と癖