心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

話を聞いているときに小物をいじるのは何かのサイン

その場の空気を読むことは、仕事をするときに大切なポイントである。

周囲の状況を読みとって臨機応変に対処できてこそデキるビジネスパーソンと言えるだろう。

スポンサーリンク

  関連記事

部屋に入っても帽子をとらない人のワケは?

部屋に入ったら帽子は脱ぐというのが、世間一般のマナーだ。

しかし、なかには面倒がったりして帽子を取らずにそのままの人がいる。

周りからすれば、「マナー違反」や「礼儀知らずな人」などと思う人もいるだろうが、じつは帽子をとらないのは、その人なりの理由があるのだ。

相手を断れなくさせるには「レッテル」を貼ると効果的

自分の願い事を相手に聞いてもらいやすくするには、相手のことを「こういう人だ」とレッテルを貼ると効果的である。

なぜなら「真面目そう」だとか「優しそう」などと、一度レッテルを貼られると、それに沿った行動をとるようになるからだ。

相手に誠実さを伝えるには、軽くアゴに手を当てると効果的

交渉中の相手に誠実さをアピールしたいときには、どうすればいいだろうか。

じつは、返事をする時にアゴに手を当てて一瞬間をおいてから返事をすると効果的なのだ。

腕組みする上司が考えていることとは?

ひとことで「腕組み」と言っても、その腕組みにはさまざまな意味がある。

たとえば、ぼんやりと考え事をしていることもあれば、相手と睨み合うときや上からものをいうときなど、普段の生活の中で腕組みをすることはいろいろある。

企画をサクサク通すためには「捨て駒」がカギを握る

上司やクライアントに企画を提案するときには、ひとつの企画だけでなく、いくつか捨て駒を用意しておくと本命の企画が通りやすいだろう。

もし提案がひとつだけだとほかに選択肢がないので、その企画が良いか悪いかの決断を下すだけになってしまうが、2つ以上の案を出すことによって、まずどちらを選ぶかという選択をする。

「昔はよかった…」と過去の話をする上司への対抗法

お酒の席になると、上司がやたら過去の話や、「昔はよかった」などと話すことがある。

これは自分に自信をなくしている証拠だ。

話題に困らないための「て・き・ど・に」の法則

取引先の人と仕事の打ち合わせで会うときは、ビジネスの会話だけすればいいというわけではない。

会った直後は世間話でもして、お互いの緊張をほぐしたり場を和ませることが大切だ。

交渉に行き詰まったときは、笑顔を見せると効果的

「笑顔には強力なパワーが秘められている。

好印象をアピールできるのはもちろん、相手の警戒心を解いたり、親密感を与えることができる。

あえて怖い顔をすることで、思い通りにコトを進める凄ワザ

上司から「今日中に企画書を提出してくれ」と言われたとき、あなたはどう思うだろうか。

もし優しそうな顔で言われたら「明日になっても大丈夫」かもしれないと思うかもしれないが、今にも怒りそうな顔をしながら言われたらすぐにでも取りかかるだろう。

和やかに会議を進めるには「丸テーブル」が効果的

お互いの意見を交換しながら会議を進めたいときには、長方形のテーブルではなく丸テーブルにするといい。

それは、長方形のテーブルにしてしまうと必然的に議長席が決まってしまうからだ。


スポンサーリンク

たとえばプレゼンテーションのときには、相手がどんな態度で聞いてるかをチェックするといい。

自分が話すとなるとそちらのほうに集中してしまい、なかなか周囲の状況を見る余裕がないという人が多いが、周りの反応を見ることで相手が自分のプレゼンのどこに興味を持っているか、どこを聞き流されたかと言ったことがわかる。

人は退屈な時についつい違う行動をとろうとする。

眼鏡を拭いたり、ペンやライターなど手元にあるものを弄ることが多い。

退屈しのぎで手を動かしたくなるのだ。

もし自分がプレゼンをしている最中に退屈そうにしている出席者がいたら、その話の部分は早めに終わらせて「ここまでで何か質問はありませんか?」と聞いてみるといい。

そうすると受け身で聞いていた人の空気の流れを変えることができ、話を聞いてないことを批判することもできる。

だが、あなたに対して意見を述べたいときや、反論したいときにも手元が落ち着かなくなることがあるので、必ずしも退屈しているわけではない。

スポンサーリンク

 - 仕草と癖