話を聞いているときに小物をいじるのは何かのサイン

たとえばプレゼンテーションのときには、相手がどんな態度で聞いてるかをチェックするといい。

自分が話すとなるとそちらのほうに集中してしまい、なかなか周囲の状況を見る余裕がないという人が多いが、周りの反応を見ることで相手が自分のプレゼンのどこに興味を持っているか、どこを聞き流されたかと言ったことがわかる。

人は退屈な時についつい違う行動をとろうとする。

眼鏡を拭いたり、ペンやライターなど手元にあるものを弄ることが多い。

退屈しのぎで手を動かしたくなるのだ。

もし自分がプレゼンをしている最中に退屈そうにしている出席者がいたら、その話の部分は早めに終わらせて「ここまでで何か質問はありませんか?」と聞いてみるといい。

そうすると受け身で聞いていた人の空気の流れを変えることができ、話を聞いてないことを批判することもできる。

だが、あなたに対して意見を述べたいときや、反論したいときにも手元が落ち着かなくなることがあるので、必ずしも退屈しているわけではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク