心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

相手が不機嫌だからといって、必ずしも嫌われているとは限らない

よく「付き合い始めたころの彼女はいつもニコニコしていたのに、最近はあからさまに不機嫌な顔をされるんだよな〜」なんて思った男性は少なくないだろう。

確かに付き合い始めと比べると彼女の態度は変化するかもしれないが、これを拒絶のサインだと受け取ってはいけない。

スポンサーリンク

  関連記事

企画をサクサク通すためには「捨て駒」がカギを握る

上司やクライアントに企画を提案するときには、ひとつの企画だけでなく、いくつか捨て駒を用意しておくと本命の企画が通りやすいだろう。

もし提案がひとつだけだとほかに選択肢がないので、その企画が良いか悪いかの決断を下すだけになってしまうが、2つ以上の案を出すことによって、まずどちらを選ぶかという選択をする。

組織の団結力を格段にアップさせるためのワザ

会社とは組織であるというのは言うまでもない。

まとまりが悪ければ仕事の効率も悪くなるし、それが会社の評価にもつながってくる。

手っ取り早くクレームを解決する対抗術

仕事をしていると思わぬところで取引先や上司の怒りを買ってしまうことがある。

こんなときはあまり長引かせず、できるだけ早めに相手の怒りを鎮めることが大事だ。

相手を断れなくさせるには「レッテル」を貼ると効果的

自分の願い事を相手に聞いてもらいやすくするには、相手のことを「こういう人だ」とレッテルを貼ると効果的である。

なぜなら「真面目そう」だとか「優しそう」などと、一度レッテルを貼られると、それに沿った行動をとるようになるからだ。

相手を批判する人は何を考えている?

子供の頃に親から「早く寝なさい!」とか「部屋を片付けなさい!」という言葉を嫌というほど言われた経験は誰にもあるだろう。

親としてはけじめのある生活習慣を身に着けさせようと思いしつけをするが、そこで「どうしていつもそうなの!」と大声で怒鳴ってもかえって逆効果なのだ。

ネームプレート1枚で責任感はアップする

従業員を真面目に働かせようと思ったら、まずは一人ひとりにネームプレートをつけるといい。

特にレストランや営業マン、サービスの窓口など、客と直接やり取りをする職場ではネームプレートを付ける効果は抜群だろう。

説得力をアップさせる「ミスディレクション」とは

話をしている最中に、顔以外で気にするといえば手の動きだろう。

たしかに、会話をしているときに相手が身振り手振りで説明をしていたり、指をさして「あの置き物が〜」なんて言われると、ほとんどの人がその指さした方向を向いてしまうだろう。

弱気のよきこそオーバーリアクションが効果的!

緊張をすると体が硬くなったり、突然頭が真っ白になった経験は誰にでもあるだろう。

そんな弱気なときに効果的なのが、じつはオーバーアクションなのだ。

部屋に入っても帽子をとらない人のワケは?

部屋に入ったら帽子は脱ぐというのが、世間一般のマナーだ。

しかし、なかには面倒がったりして帽子を取らずにそのままの人がいる。

周りからすれば、「マナー違反」や「礼儀知らずな人」などと思う人もいるだろうが、じつは帽子をとらないのは、その人なりの理由があるのだ。

話題に困らないための「て・き・ど・に」の法則

取引先の人と仕事の打ち合わせで会うときは、ビジネスの会話だけすればいいというわけではない。

会った直後は世間話でもして、お互いの緊張をほぐしたり場を和ませることが大切だ。


スポンサーリンク

むしろこの態度は彼女が心を開いてくれている証拠なのだ。

このことは男女間だけの話ではない。

初対面の人と一緒にいるときは、どうしても自分のいいところを見せようとしたり、相手に嫌われないようにと“よそ行き”の表情になり、話をしていても当たり障りのない内容になる。

しかし、親しくなるにつれてお互いに慣れてくると、遠慮がなくなり自分をさらけ出すようになる。

そうすると話の内容も、悩みの相談や愚痴になったりして笑って話せることばかりではなくなる。

そのときについ不機嫌な顔をしたり、場合によっては喧嘩になってしまうことがある。

これは信頼が高まった証拠であり、親しくない相手に本音をぶつけることはないだろう。

よく「ケンカするほど仲が良い」と言われるが、まさにその通りなのだ。

決して相手の態度が変わったから嫌われたと勘違いしないように。

スポンサーリンク

 - 仕草と癖